検索結果0件」

    【重要】「将来なくなる仕事」を気にするだけ無駄【ランキングも無意味】

    2021/07/02
    【重要】「将来なくなる仕事」を気にするだけ無駄【ランキングも無意味】

    こんにちは、シンヤです!
    今回は【重要】「将来なくなる仕事」を気にするだけ無駄【ランキングも無意味】というテーマでお話しいたします。


    どの仕事も「将来なくなる可能性」があります

    これは歴史が証明しています。
    どの仕事も「いずれなくなる可能性」があります。

    よく考えてみてください。
    江戸時代は、農民がほとんどでした。

    しかし、現在農民だけで生活している人はほとんどいません。
    つまり「農家という仕事が少なくなった」のです。

    完全に仕事がなくなるわけじゃない

    これも歴史が証明しています。
    どの仕事も「完全になくなることはない」と思っています。

    これも農家が証明しています。
    現在でも農民が存在しているのが、何よりの証明となります。


    仕事がなくなるとより効率化が進む

    仕事がなくなるということは、そういうことです。
    なくなったということは「やる必要がなくなった」ということです。

    これは言い換えれば「効率化が進んだ」と言えるのではないでしょうか?
    つまり、仕事がなくなるのは、私個人は「良い事」だと思っています。

    「効率化が進んだ」と考えれば、文明がより一歩進歩したと捉えることもできます。
    そう考えると、仕事はむしろ「なくなるのが健全」とすら言えると思います。

    私の仕事だって例外ではありません。
    いづれなくなってしまうかもしれないのです。

    IT業界の場合特にそれが顕著

    IT業界というのは「テクノロジー業界」です。
    テクノロジーがやる事というのは、要約すると以下になります。

    あらゆる「大変な事」を「簡単にする」仕事

    だと私個人的には思っております。
    これこそが、我々技術者が社会から必要とされている理由ではないでしょうか。

    なのでIT業界の場合「仕事をなくす仕事」と言い換えることができるかもしれません。
    仕事がなくなるのは、むしろ「成果が出ている証拠」と私は思います。


    ネガティブよりポジティブな方が、物事をよりよく見られると思う

    「仕事がなくなる」というのは、どちらかというとネガティブに捉えられがちです。
    しかしそうではなく、ポジティブに捉えてみてください。

    すると前述の通りの見方になります。
    「大変な事」が「簡単な事」に置き換わっているという事ですね。

    つまり「仕事の効率化が進んだ」という事です。
    ポジティブに捉えると、そうなります。

    そして何事も、物事は「ポジティブに捉える方が良い」と思います。
    仕事がなくなる恐怖心から解放されると思います。

    仕事がなくなれば別の仕事をすれば良い

    私は常に上記を思っています。
    仕事がなくなれば、別の仕事をすれば良いのです。

    最も、前述の通りどの仕事も、完全になくなることはないと思います。
    あくまで少しずつ、仕事が減っていくイメージですね。

    仕事というのは、すぐになくなるものではありません。
    少しずつなくなっていくうちに、新しい仕事を探すのです。

    別の仕事をすれば良いだけなのに、何を恐れる必要があるのでしょうか。
    みんな「見えない何か」を恐れすぎな気がします。


    見えないものに恐怖をすることほど、愚かなことはない

    見えない事というのは、対処ができません。
    対処ができないなら、恐れていても仕方ありません。

    そもそも見えないのなら、本当に来るのかすらわかりません。
    仕事がなくなるなくならないは、この「見えない何かの力」に該当すると思います。

    であれば、仕事がなくなることを遅れている意味がありません。
    そんなことを考えるなら、より良い未来を掴むために何をするか考えるべきです。


    副業を始めるのが良いと思う

    とはいえ、いきなり何かをするのは手間がかかるかもしれません。
    そのため、まずは「副業から始めてみること」をオススメします。

    副業に向いている仕事とは、一体何でしょうか?
    例としてあげると、私は以下があると思います。

    • プログラミング
    • ブログ運営
    • 物販
    • 有料noteの販売

    などですね。
    少ないコストで資金を獲得するチャンスがあります。

    「千里の道も一歩から」ということわざがあります。
    まずは何でも良いので、一つの副業に入れ込むのが大事だと、私は思います。


    「なくなる仕事ランキング」なんて、見ている時間も無駄

    前述の通り、仕事というのはいずれなくなっていきます。
    これは、疑い用がない事実です。

    ですが、それに恐れていても何も生まれません。
    「見えざる何か」は対処ができないからです。

    それを考えると「なくなる仕事ランキング」なんて、気にするだけ無駄だと思います。
    そんなことを考えるなら、一つでも仕事を複数初めてみるのが良いと思います。

    自分が楽しそうな仕事を、のびのびと続けていけば良いのです。
    そうすれば自ずと、答えが見えてきます。

    歩みたいキャリアはあなたの中にしか眠っていない

    今の仕事が大変かもしれません。
    「将来なくなるかもしれない」という恐怖心も、わからなくもありません。

    ですが何度も言うように、それを気にしていても仕方ありません。
    「見えない何か」には対処ができません。

    重要なのは、今のあなたがあなたらしいキャリアを歩んでいるかだと思います。
    本業であれば副業であれ、自分らしいキャリアであれば良いと、私は思います。

    私の場合幸いにも、歩みたいキャリアを歩んでいると思います。
    なので将来に対する不安は、今のところありません。


    成果が出てなくても楽しい仕事をするべき

    だと私個人は思います。
    私の場合だと、以下が該当しますね。

    • デザイン
    • プログラミング
    • ブログ運営

    これをずっと仕事にしています。
    成果が出てなくても「楽しいから」続けられています。

    作業が楽しくなると、成果が出てなくても続けられます。
    無理をせずに働くことができると言うことです。

    今一度、あなたの胸に聞いてみてください。

    今の自分は、将来なりたいキャリアを歩めているのかどうか

    これが大事です。
    なくなる仕事を気にするより「自分のキャリア形成」を気にして生きていきましょう。


    まとめ

    • どの仕事も、将来なくなる可能性があります
    • 仕事がなくなるのは、効率化が進んだ証
    • なのでポジティブに捉えることもできる
    • 「なくなる仕事ランキング」なんて、気にするだけ無駄です
    • 「見えない何か」を気にしていても時間の無駄
    • 重要なのは、今のあなたが歩みたいキャリアを歩めているかどうか
    • まずは副業を始めてみるのが良いと思う

    今回は以上になります。
    次回の記事配信まで、お待ちくださいませ😊

    • 【重要】「将来なくなる仕事」を気にするだけ無駄【ランキングも無意味】