検索結果0件」

    【簡単】男女関係なくネットでお金を稼ぐ力を養う方法【趣味を変える】

    2021/06/03
    【簡単】男女関係なくネットでお金を稼ぐ力を養う方法【趣味を変える】

    こんにちは、シンヤです!
    今回は【簡単】男女関係なくネットでお金を稼ぐ力を養う方法【趣味を変える】というテーマでお話しいたします。


    ネットでお金を稼ぐのに性別は関係ない

    本来仕事というのは、性別関係なくチャンスを与えるべきです。
    ですが、実社会はまだ女性の方が働くのに不利だと感じています。

    しかし、ネットでは男女関係なく仕事を始めお金を稼ぐチャンスがあります。
    そう思う理由は主に以下になります。

    • パソコンさえあれば誰でも作業ができる
    • 働きたい時間を自由に選べる

    この2点になります。
    以下に詳しく解説いたします。


    パソコンさえあれば誰でも作業ができる

    インターネットを使ったビジネスは、パソコンさえあれば誰でもできます。
    国籍や性別や年齢も関係ありません。

    実際私の知り合いでも、女性で活躍している人を大勢知っています。
    インターネットの世界では、性別は関係ないのです。

    性別だけではなく、国籍も関係ありません。
    「オフショア開発」と言って、外国の人に作業を外注する例も多く知っています。

    逆を言うと「実力主義の傾向が強い」と言うことになります。
    これは「仕事に言い訳は通用しない」と言う意味でもあります。

    インターネットの世界は徹底的な「成果主義」である

    上記でも少し触れましたが、これは本当にそう思います。
    法律さえ守っていれば、ITの業界というのは「徹底した成果主義」です。

    国籍や人種や性別も関係ありません。
    電子の世界では、実力のみがものをいう世界なのです。

    私はこれは「良いこと」だと思っております。
    新陳代謝が活性化されて、業界がより新しいものを求める様になるからです。

    私だけではありませんが、ITの世界では他の人と比べてどれぐらい自分の実力があるか。
    これを常に意識すると良いと思います。

    例えば私の場合は、今書いているブログとかもそうですね。
    こうやって情報発信していれば、誰かの目に留まって仕事が来る可能性もあります。


    働きたい時間を自由に選べる

    ITの業界は本当に自由に働く事ができます。
    時間も自由に選べます。

    これは女性にとっても男性にとっても良い事だと思います。
    例えば以下の様な形で、時間を変則的にして働かないといけない人もいます。

    • 育児中
    • 通院中

    などでしょうか。
    人により様々ありますが、とにかく規則的に働けない人もいるのです。

    実際私も、ある持病を抱えており、定期的に通院しております。
    その様な人には、IT業界の自由な働き方は、合っていると思います。

    自由だからと言って、出社時間がいつでも良いというわけではありません。
    大抵は「フレックスタイム」と良い、出社と退社の時間は定められているケースが多いです。

    例えば、遅くとも13時には出社して16時までは会社にいるとかですね。
    こういう働き方であれば、最低限出社している時間がわかるという感じです。


    インターネットはどんな人にも平等にチャンスがある

    ネットで稼ぐのは、至極簡単です。
    以下のことを実践し続ければ良いのです。

    • ブログ執筆
    • YouTube配信

    などでしょうか。
    しかし大抵の場合、長くは続きません。

    だからこそ、続けている人には平等にチャンスが舞い降りるのです。
    インターネットはどんな人にも平等にチャンスを与えてくれています。

    ネットさえあれば稼げるので、就職する必要もありません。
    本業は別では働いて、副業でネットを使ったお金稼ぎをするのも良いと思います。


    どうすればネットで稼げる様になるか

    結論から言いますと、以下になると思います。

    ネットを使ったものづくりを趣味にする

    と良いと私は思います。
    趣味であれば、楽しくずっと続ける事ができますからね。

    インターネットを使ったものづくりというのは、多岐に渡ります。
    代表的な例で言うと、以下になります。

    • プログラミング
    • デザイン
    • 動画作成・編集

    などでしょうか。
    まずはこれらの中から自分が得意だと思えるものを探すと良いです。

    パソコンは買わないといけない

    当たり前かもしれませんが、パソコンは買う必要があります。
    ネットを使ったものづくりは、パソコンなしでは始まりません。

    個人的にですが、品質が良いMacをオススメしております。
    プログラミングをやるなら、Macはほぼ必須です。


    本を読みつつものを作ってみる

    パソコンを買ったら、いよいよものづくりの開始です。
    個人的には、先ほどあげた3つからまず作り始めるのをオススメしております。

    • プログラミング
    • デザイン
    • 動画作成・編集

    ですね。
    これら3つをやっていくうちに、自分に合ったものがどれかあると思います。

    私はデザイナーなので、デザインに関することしかオススメできません。
    個人的には以下の本を読みながら、デザインの勉強をしつつアウトプットをすると良いと思います。


    「ポートフォリオ」を作ってみる

    実際色々作ってみたら、まずポートフォリオを作ります。
    ポートフォリオとは、ITの業界でいえば「作品集」になります。

    実際に自分がシミュレーションで作ったものでも構いません。
    とにかく手を動かして、何かを作り始めるのが大事なのです。

    その作り始めたものを、ポートフォリオとして作品集に載せるのです。
    「全ての道はポートフォリオ作りから始まる」と言っても過言ではありません。


    「クラウドソーシングサイト」に応募してみる

    ポートフォリオを作っただけでは、仕事はもらえません。
    大抵の場合、仕事を自分で取りに行く必要があります。

    その際に役立つのが「クラウドソーシングサイト」です。
    日本で代表的なのは以下の2社かと思います。

    どちらでも良いのですが、自分にあった方を使い倒す方が良いです。
    仕事をすれば評価が上がっていき、それにつれて個人のランクも上がっていきます。

    個人のランクが高いと、当然お仕事をもらえる確率も高くなります。
    誠実な仕事を心がけていれば、評価が下がることはそれほどないと思います。

    両者は案件数も多いので、それほど違いはありません。
    自分が最初に始めたサービスで、依頼を受けていけば良いと思います。

    「プロフィール」は充実させよう

    クラウドソーシングサイトでは、プロフィールが全てです。
    いくらポートフォリオが良くても、プロフィールがダメでは意味がありません。

    なぜなら、多くの依頼者は最初にプロフィールを見るからです。
    その後、ポートフォリオサイトを見ます。

    ポートフォリオサイトにたどり着いて貰わないと、意味がありません。
    提携文や数百文字程度で終わらせない様、工夫してプロフィールを作りましょう。


    求人に応募してみる

    ここまで来てようやく、求人に応募する事ができます。
    まずはクラウドソーシングサイトで実績を作りましょう。

    その後、実際の求人に応募してみるのです。
    IT業界に特化している求人だと、以下があると思います。

    転職ドラフトは転職難易度が高いです。
    まずはテックキャンプ 転職相談で、実際の自分の市場価値を測ってみるのが良いと思います。

    キャリアカウンセラーの人が、親身になって相談に乗ってくれます。
    未経験から異業種へ転職する際は、エージェントに相談しつつ進めるのが良いと思います。

    いきなりスクールに通うのはオススメしない

    スクールというのは、結構高い投資になると思います。
    人件費もかかってくるので、独学より費用が高額になります。

    なのでまず、スクールに通うべきか、キャリアアドバイザーに相談する方が良いです。
    いきなりスクールに通うのは、個人的にはオススメしていません。


    コンテンツ制作を趣味に変える

    冒頭でも少しお話しいたしました。
    インターネットを使った「コンテンツ制作」を趣味にすると、楽しく続くと思います。

    • プログラミング
    • デザイン
    • 動画作成・編集

    これらのどれかですね。
    大切な事なので、最後に締め括りとして再度言わせていただきました。

    どんな仕事でもそうですが、嫌だと思っている仕事だと長続きしません。
    まずはなんでも良いので、ITを使ったものづくりを楽しむと良いと思います。

    どれがあなたに合致する趣味になるかは、あなたにしかわかりません。
    まず第一歩として、パソコンを買ってみて、コンテンツ制作をしてみるのが良いと思います。

    パソコンなら、Macを買えばハズレはないと思います。
    特に「プログラミング」まで含めるのなら、Macじゃないと仕事ができないと思います。

    なぜなら、ほとんどのプログラミング言語は「Macで動く様に作られているから」です。
    参考記事もMacである場合がほとんどです。

    テクノロジーを使ったものづくりなら、素直にMacを買った方が良いでしょう。
    3年保証も付ければ、余裕で取り返せる金額ぐらい稼げると思います。


    まとめ

    • ネットでお金を稼ぐのに、男女の性別は関係ない
    • パソコンがあれば、いつでも仕事ができる
    • パソコンは、Macを買うのが良い
    • プログラミングをするなら、Macはほぼ必須
    • パソコンを買ったら、本を読みつつものを作ってみる
    • 次に「ポートフォリオ」を作る
    • 次に「クラウドソーシングサイト」に応募してみる
    • 実力がついたら、転職活動を始めてみる
    • いきなり転職せず、まずキャリアアドバイザーに相談してみる
    • コンテンツ制作を趣味にすると、長続きすると思う

    今回は以上になります。
    次回の記事配信まで、お待ちくださいませ😊

    • 【簡単】男女関係なくネットでお金を稼ぐ力を養う方法【趣味を変える】