検索結果0件」

    【告白】自社開発系企業の「理想」と「現実」について【買い被りすぎ】

    2021/05/30
    【告白】自社開発系企業の「理想」と「現実」について【買い被りすぎ】

    こんにちは、シンヤです!
    今回は【告白】自社開発系企業の「理想」と「現実」について【買い被りすぎ】というテーマでお話しいたします。


    IT業界の働き方について

    これは大きく分けて2つあります。
    一つ目は、正社員として雇われて派遣される「SES」の会社。

    そしてもう一つが、自分でサービスを運営している「自社開発」の会社で働く鳳凰です。
    特に自社開発は、かなり人気があるらしいですね。

    私個人的には、ずっと自社開発企業にいたのでSESの働き方は知りません。
    ですがSESの人に聞いてみると、どうも理想論が高すぎると感じています。

    SES企業はIT業界の闇

    とはいえ、正社員として雇われ人を派遣する「SES」も問題です。
    実際は「派遣社員と変わらない」ですからね。

    故に私は、SES企業には存在自体が反対だと感じています。
    とにかくSESは正社員なのに、派遣先でこき使われて消耗します。

    一応念のため言っておくと、全てのSES企業がブラックとは限りません。
    あくまで「正社員なのに派遣社員の様な扱いをされることが多い」ということです。

    それだけならまだしも、正直スキルも身につきません。
    未経験からのSESのほとんどが、テストをやるだけというのも、聞いた事があります。

    繰り返し言いますが、上記はあくまで私個人が聞いた話です。
    実際のSES企業の働き方は、それぞれ色々あると思います。

    ですが「正社員なのに派遣社員の扱いを受ける」のは、変わらないと思います。
    SESは一種の「人身売買」に近しいものを感じます。


    自社開発企業の苦悩

    SESの人たちは、とかく「自社開発企業」に行きたがります。
    とはいえ、自社開発企業も楽ではありません。

    しかし「自社開発企業」もそれはそれで大変です。
    以下に例をあげます。

    • 社会政治に巻き込まれやすい
    • やる事がない時は本当にひま
    • 自分で仕事を作り出さないといけない
    • 会社のミッションに従わないといけない

    になります。
    以下に詳しく解説いたします。


    社会政治に巻き込まれやすい

    これは要するに「嫌いな人とも付き合わないといけない」という事です。
    特に嫌いな人が自分の上司だったら、大変です。

    実際私も、最低な人間を上司に持ってしまった事があります。
    その人とはもう縁を切っています。

    社会政治に巻き込まれると、仕事に集中できなくなります。
    本来与えられた業務をこなすのが、仕事のはずです。

    もしくは、自分で仕事を生み出す人もいます。
    自社開発企業で重宝されるのは、どちらかというとこちらの人種です。

    しかし社内政治に巻き込まれたら、仕事が手につきません。
    嫌でも自分の上司の顔を見ないといけませんからね。

    その点SESなら、職場を変えて欲しい胸を伝えれば、柔軟に対応してくれます。
    これがSES企業の大きなメリットですね。

    しかし同時に、職場がコロコロと変わるのも考えものです。
    その度に自分自身の内面を変えたり、仕事を覚えないといけないですからね。

    自社開発企業による社内政治は、本当に「くだらない」と思っています。
    この点は全ての自社開発企業に、改善をして欲しいですね。


    やる事がない時は本当にひま

    これは本当に思います。
    IT業界は仕事の波が非常に大きいと感じています。

    つまり、忙しい時は忙しいけど、今な時は本当に暇です。
    暇な時は「何のために会社位にいるんだろう?」と感会えることもあります。

    SES企業なら、会社が暇であれば別の会社へ出向すればいいのです。
    この点はSES企業のメリットでもあります。

    IT業界で必要な人は「要件を定義できる人」です。
    なぜなら、要件を決める人がいないと技術者は作業できないからです。

    私の場合は、どちらかというと「要件を決める側」です。
    なので、暇な時というのはほとんどありません。

    技術者の場合は、要件を決める人がいないと暇になると思います。
    「仮説立て」と「言語化」ができる人がいないと、技術者は作業できないのです。

    この点自分は、本当にラッキーだと思っています。
    自分で要件を決められるから、裁量もある程度自分いあるからです。

    暇な時は休憩して、忙しく働く時は忙しく働く。
    そういう「メリハリのついた働き方ができる」ということです。

    技術者なら「要件を決める側」にまわった方がいい

    なぜなら先ほど申し上げました通りです。
    IT業界は要件を決める人がいないと、本当に暇になるからです。

    技術者というのは、誰かが決めた要件にしたがって仕事をしているのです。
    この現実は、受け止めた方が良いと思います。

    そして受け止めたのであれば、自分が要件を決める側に回れば良いのです。
    そうすれば私の様に、メリハリのついた働き方ができます。


    自分で仕事を作り出さないといけない

    これは上記の「やる事がない時は暇」とも関連してくる話ですね。
    自社開発企業は基本的に、自分で仕事を作れる人を求めます。

    誰かに言われた作業しかできない人は、申し訳ありませんが、必要ないのです。
    なぜなら「外注すれば良いから」です。

    これはメリットにもなります。
    自分で仕事を創意工夫したい人は、合っているでしょう。

    自分で仕事を作り出せるのは、結構面白いと思います。
    なので私自身は、これはメリットと感じているのでしょう。

    しかし、言われたことしかこなせない「作業者」は、自社開発企業には不要です。
    ここはあえて強めに言いました。

    というのも、強く言わないと「何となく自社開発企業に行きたい」という人が出てくるためです。
    その様な気持ちであれば、自社開発企業はどこも欲しがらないと思います。

    クリエイティブになれ

    つまりはそういうことだと思います。
    クリエイティブとは「創造的」という意味です。

    つまり、自分で仕事を「創造する」のです。
    自社開発企業が欲しい人材は、まさにクリエイティブな人材なのです。

    しかしそうは言っても、言われたことしかこなせない人も大勢応募がきます。
    申し訳ございませんが、自社開発企業に転職するより、自分で仕事を創意工夫してみるのが先かと思います。


    会社のミッションに従わないといけない

    これは本当に合わない人には合わないです。
    会社というものは、何かしらの「ミッション」を掲げているところが多いです。

    自社開発企業の社員になると、否応なくそのミッションに賛同させられます。
    この点は私は、息苦しさを感じています。

    元々他人が定めたミッションに従いたくないのもあります。
    私自身は、今の会社のミッションには少し違和感を感じています。

    しかし社員となると、ミッションに否応なく従わされますからね。
    苦渋の選択ですが、今でも納得ができないミッションにしたがっています。

    ミッションに納得できないなら、その旨は報告すべき

    私自身は今の会社のミッションには賛同していないので、報告しています。
    同様にSESの人も、ミッションに賛同するか自由に選ぶ権利があります。

    最もSESの場合は、単純に「職場を変えてもらう」という選択になるでしょう。
    私は自社開発企業の社員なので、嫌でも会社のミッションに従わされます。

    違法行為をミッションに掲げてはいないので、当然ミッション自体は問題ございません。
    しかしそれが、自分に合うかは別問題だということです。


    みんな自社開発企業を買いかぶりすぎ

    の様に私には思います。
    みんな自社開発企業に、ある種「幻想」を抱いているのだと思います。

    自社開発企業に幻想を抱く理由は、いくつかあると思います。
    例を挙げると、以下が思い浮かびました。

    • SESだと職場がコロコロ変わる
    • スキルが身につきにくい
    • 市場価値が上がらない

    などです。
    しかしこれは、自分で行動を起こせば変えられるはずです。

    行動せず変えていないなら、それは自分自身が悪いのです。
    しかし自社開発企業も、要するに「ただのサラリーマン」です。

    自社開発企業へ行っても、スキルが身につかないケースはよくあります。
    単純にテストだけさせて、あとは営業をしてもらうというのもよく聞きます。

    自社開発企業だからと言って、全てが希望通りにならないし、スキルが身につく保証もない

    上記を肝に銘じていただければと思います。
    そうすれば、あなたに合った転職先は必ず見つかると思います😊


    キャリアに悩んだら、アドバイザーに相談した方がいい

    私は常々上記を思っています。
    SESが全て悪いわけではないし、自社開発企業が良いわけでもない。

    ではなぜ、その様な「ミスマッチな働き方」が生まれてしまうのでしょうか?
    私は一重に「誰かに相談せずに転職するから」だと思います。

    ならば、一人で転職するのはやめにしましょう。
    転職エージェントに相談して、本当に自分を求めている会社に転職するのが良いと思います。

    以下がオススメの転職エージェントです。
    スキルも身に付けて転職できるなら、相談して損はないと思います。


    まとめ

    • IT業界には「SES」という働き方がある
    • これは要するに「企業に出向させる働き方」である
    • 要約すると「派遣と同じ」ということである
    • よって、自社開発企業に行きたいSESのエンジニアは多くいる
    • しかし、自社開発だからといって、必ずしも良いとは限らない
    • まず自分で仕事を作り出さないと継続が難しい
    • 私は、全員自社開発企業は買いかぶりすぎだと思っている。
    • 【告白】自社開発系企業の「理想」と「現実」について【買い被りすぎ】