検索結果0件」

    脱WordPressなブログを目指してわかった3つのメリット【現代では超レガシーな技術です】

    脱WordPressなブログを目指してわかった3つのメリット【現代では超レガシーな技術です】

    こんにちは、シンヤです!

    今回は、脱WordPressなブログを目指してわかった3つのメリット【現代では超レガシーな技術です】というテーマで、お話しいたします。


    脱WordPressのメリット3つ

    具体的には下記の通りです。

    1. ハッキングされるリスクがほぼない
    2. 表示速度が速い
    3. Webアプリ化できる

    です。
    それぞれ詳しく以下に解説いたします。


    1. ハッキングされるリスクがほぼない

    なぜハッキングされるリスクがほぼないのかというと、

    1. データベース自体が存在していないから
    2. 管理画面が存在していないから

    になります。
    詳しく解説いたします。

    1. データベースが存在していないから

    データベースとは、文字通りデータを格納している格納庫のようなものです。
    WordPressの記事の内容は、このデータベースに格納されています。

    WordPressはデータベースに格納されている内容を引っ張ってきて、記事として表示させているのです。

    つまりデータベースがないということは、ネットに野晒しにされっぱなしのデータが存在しないということです。
    大事な情報がネットに晒されていないから、そもそもハッキングされる情報が存在しないのです😊

    このブログは、Markdownで記事を書いています。
    つまりブログにとって一番大事な「記事のデータ」は、ブログ本体と同じMarkdownファイルとなって格納されています。

    2. 管理画面が存在していないから

    WordPressの管理画面は、実に簡単な方法でアクセスできてしまいます。
    URLを変えるなどの対策を施していないと、

    ブログのドメイン/wp-admin

    と入力するだけで、かんたんに管理画面へアクセスできちゃいます。

    あとはログインIDとパスワードを解析すれば、ネットに詳しい悪い人たちならアクセスできちゃいます😱
    2段階認証や文字認証を施していても、安全とはいえません😓

    例えば僕のブログがWordPressで運用されているなら、https://shinya-it.com/wp-adminと入力するだけで、管理画面にアクセスできちゃいます。
    (このブログはWordPressで運用されていないので、実際に上記のURLを入力しても意味はありません😅)

    記事をMarkdownで書けば管理画面は必要ありません。
    なぜかというと、このブログで実際に使われている以下のコードを見ていただきたいのですが、

    ---
    path: /wordpress/not_wordpress_merit
    date: 2020-08-08T19:00:00
    thumbnail: /images/blog/2020.08.08_01-top.jpg
    title: 脱WordPressなブログを目指してわかった3つのメリット【現代では超レガシーな技術です】
    tags:
      - WordPress
      - ブログ術
    description: >-
      僕のブログはReact.jsという技術を用いて作られているフレームワーク、「GatsbyJS」で運用されています。作る時から脱WordPressを目指しました。今回は脱WordPressを目指してわかったメリットを、3つほど解説いたします。
    ---
    
    こんにちは、シンヤです!
    
    今回は、*脱WordPressなブログを目指してわかった3つのメリット【そもそも現代では超レガシーな技術です】*というテーマで、お話しいたします。

    それぞれ英語から何を表しているか、わかりやすいのではないかと思います。
    具体的にいうと、

    • path
      • ページのpath(URL)です
    • date
      • ブログを投稿した日時です
    • thumbnail
      • 一覧画面やOGP、ファーストビューの写真です
    • title
      • ブログのタイトルです
    • tags
      • タイトルや記事の一番下に表示される、ブログのタグです
    • description
      • 一覧画面やOGPの、description(説明文)です

    つまり、管理画面で入力する情報が、そのままMarkdownで入力できちゃうんですよね。
    だから僕のブログの場合、そもそも管理画面がいらないのです😊


    ちなみにこのブログをハッキングするには、

    Repositoryを管理している、Gitのアカウントをハッキングする

    必要があります。
    具体的には、以下のような手順を踏む必要があります。

    1. このブログのRepositoryが、どんなサービスで運用されているか特定する
    2. 僕のアカウントを特定する
    3. 2段階認証されている、僕のアカウントをハッキングする

    上記3つの手順を踏む必要があります。
    もう1の段階で結構大変なのがお分かりいただけると思います😊

    ちなみによく使われているだろう、「Github」ではありません。
    僕はプライベートはGithub、その他のセキュアにしたいものは別サービスと、使い分けています😊


    2. 表示速度が速い

    WordPressはページを表示前に、WordPressを構成する要素をいくつも読み込まないといけないので、表示速度が遅いです。
    DBから記事を表示させる作りも、記事をDBから引っ張ってこないといけないので、表示速度の遅さに拍車をかけています。

    軽くする手段はいくつかありますが、全てWebサイト作りの技術が必要になってくるので、初学者の方々では対応は少し難しいかなと思います。
    表示速度を軽くする例を挙げると、

    • CSSの軽量化
    • HTMLの軽量化
    • 画像の軽量化
    • Lazyloadの導入
    • Webフォントの削除

    などが一般的だと思います。
    どれも対応するには、結構技術について深く理解しないといけません😅

    表示速度が速いことはSEO対策にもなる

    表示速度は、Googleが検索順位の優先位付けに使用すると公言しております。
    つまり、表示速度を軽くすることそのものが、SEO対策になります😊


    3. Webアプリ化できる

    このブログでは以下の技術とフレームワークが使われています。

    • 使われている技術:React.js
    • フレームワーク:GatsbyJS

    React.js

    React.jsは、Webアプリを作るために生まれた、JavaScriptをルーツとする開発言語です。
    React.jsについては、以前開設いたしましたこちらの記事もご参照ください😊

    【月単価90万エンジニアへの道】create-react-appを使って、簡単にReactのプロジェクトを作る

    React.jsには、主に以下のような特徴があります。

    • JSX
      • JavaScriptの中にHTMLを書く、「JSX」という特殊な文法でコードを書いていきます。
    • 処理が高速
      • 「仮想DOM」という技術を使い、部分的に表示を切り替える事で、高い処理速度を実現しています。
    • コンポーネントの管理がしやすい
      • 複雑な条件も記載でき、かつコンポーネントに条件も記載できるので、複雑な計算式もコンポーネントにまとめて管理ができます。
    • 拡張性が高い
      • React様に開発されたプラグインが、npmにたくさんアップロードされています。
    • Facebook製
      • Facebook社が開発を行っているので、信頼度が高いフレームワークとなっております。
    • 日本語のドキュメントが少ない
      • Facebook公式が開発しているため、日本語のドキュメントは少ないです。
    • 学習コストが高い
      • 日本語のドキュメントの少なさに加えて、条件式とHTMLを一緒のコンポーネントに書くJSX独特の文法に慣れるのに、多少時間がかかります。

    GatsbyJS

    GatsbyJSとは、React.jsを元にして作られた、主にブログを作るためのフレームワークです。
    このブログも、GatsbyJSで作られております。
    GatsbyJSについては、以前開設いたしましたこちらの記事もご参照ください😊

    【月単価90万+αのエンジニアへの道】Gatsby.jsを使って、簡単にイケてるブログを作る

    GatsbyJSには、主に以下のような特徴があります。

    • データベースなしでブログが作れる
      • サーバー代やメンテナンスコストがかかりません。
    • SPAでブログが作れる
      • 非同期通信であるSPAを使って、スマホアプリと同じように滑らかなブログが作れます。
    • デザインを自由に切り替えられる
      • WordPressと同じように、テーマを切り替える事でデザインも自由に変えられます。
    • ルーティングを自動で行ってくれる
      • 個別で指定したルーティングを、Gatsby.jsは自動的に行ってくれます。
    • プラグインがある
      • Gatsby.jsには便利なプラグインが、たくさん用意されています。
    • 初学者向けではない
      • React.js自体が「JSX」という特殊な文法でコードを書いていく為、初学者の方は対応は難しくなっています。
    • Webサービス作りには向いていない
      • フレームワーク外の事は行いにくく、かつブログ作成に特化している為、Webサービス作りには向いていない。

    GatsbyJSを使うとブログをWebアプリにして発信できるので、ストレスがない高いUXが実現できます。
    このブログの動作は、結構サクサクで快適だと思います😊


    そろそろWordPressは地球上から消えてなくなってほしい

    これは嘘偽りなく直接言葉にした場合の、僕の心情を吐露しています😅

    WordPressは現代では時代錯誤もいいところの「超レガシーな技術」なので、個人的には地球上から撲滅したいと思っております。

    でないといつまでたっても、既存の技術のデメリットを解消した新しい技術が、世の中に日の目を浴びる事もなく埋もれちゃうんですよね。
    それはIT業界の発展も妨げるし、より良い技術で様々な人々の課題を解決することもできないので、非常によろしくない事態だと僕は思うわけです😅

    それかもしくは、新しい技術を積極的に取り入れて、モダンなフレームワークとして生まれ変わってほしいと切に願っています😊

    エディターは「Gutenberg」からReact.jsになったので、だいぶ進化しましたけどね。
    それができるなら、いい加減表側もReact.jsに生まれ変わってほしいです😅

    ので僕は、WordPressの案件は「絶対に」仕事を受け付けておりません。
    早くWordPressを撲滅させて、Web業界のデファクトスタンダードを塗り替えたいと思っているので😊
    やっている仕事が主にアプリのPdMなので、やる必要がないというのも大きいです😅

    ではでは、またね〜🤗

    • 脱WordPressなブログを目指してわかった3つのメリット【現代では超レガシーな技術です】

    広告