検索結果0件」

    WordPressのデメリットを解消できる、おすすめのフレームワーク2選【Static Site Generator】

    WordPressのデメリットを解消できる、おすすめのフレームワーク2選【Static Site Generator】

    こんにちは、シンヤです!

    今回は、WordPressのデメリットを解消できる、おすすめのフレームワーク2選【Static Site Generator】というテーマで、お話しいたします。


    全てはDB(データベース)につながっているのが悪い

    結論から言うと、WordPressのデメリットは上記の通りです。
    技術は日々進歩していて、実はDBを使わなくてもブログを作れる技術は数多くあります。
    そして、DBに繋ぐのは色々とリスクがあるのです。
    例を挙げると、

    1. ハッキングリスクがある
    2. 表示速度が遅い
    3. 移行コストが高い

    です。
    WordPressのトラブルは、ほとんどがこのDBに繋がっているせいで起こっています😅
    以下に詳しく解説いたします。


    1. ハッキングリスクがある

    DB(データベース)とは文字通り、「ネット上にデータを格納した基地がある」というイメージを持っていただければ、分かりやすいと思います😊

    つまりDBを使うということは、第三者に悪戯されたり、データを盗まれたり壊されたりする可能性があります。
    これを、「ハッキング」といいます。

    決済を使ったり、会員登録をしたりするような、ユーザーから情報を入力するWebサービスの場合、DBが必要です。
    なぜなら、ユーザーが情報を入力したら、それを格納する場所が必要だからです。

    ですが、ブログは「個人が第三者に向けて情報を発信するメディア」です。
    自分で発信する情報をコントロールできるので、本来DB自体必要ありません😅
    必要ないのに記事の情報をDBへ入れて野晒しにして、危険に晒しながらブログを運営しているようなものです😨

    これを回避するには、DBを守るシステムを組み込む必要があります。
    ですが、これは難易度が非常に高いです😨
    エンジニア系インフルエンサーで有名な「マナブ」さんでも、対応は難しいと思います。
    まとめると、

    テクノロジーが発達した現代では、ブログにDBを使うのはリスクが高すぎる

    ということです。
    現代ではDBを使わずにブログは作れるので、WordPressは運営上のリスクが結構高いのです。
    かくいうこのブログも、DBは使っておりません😊


    2. 表示速度が遅い

    WordPressはページを表示前に、WordPressを構成する要素をいくつも読み込まないといけないので、表示速度が遅いです。
    DBから記事を表示させる作りも、記事をDBから引っ張ってこないといけないので、表示速度の遅さに拍車をかけています。

    軽くする手段はいくつかありますが、全てWebサイト作りの技術が必要になってくるので、初学者の方々では対応は少し難しいかなと思います。
    表示速度を軽くする例を挙げると、

    • CSSの軽量化
    • HTMLの軽量化
    • 画像の軽量化
    • Lazyloadの導入
    • Webフォントの削除

    などが一般的だと思います。
    どれも対応するには、結構技術について深く理解しないといけません😅

    表示速度は、Googleが検索順位の優先位付けに使用すると公言しております。
    つまり、表示速度を軽くすることそのものが、SEO対策になります😊


    3. 移行コストが高い

    WordPressはDBに記事を格納している都合上、サーバーを変えたらDBのデータを移行しないといけません。
    具体的な手順を言うと、

    DBを別のサーバーに移行する場合

    1. 移行前のDBから、SQLファイルをダウンロード
    2. 移行後のサーバーに、DBを作成
    3. 移行後のサーバーに、SQLファイルをエクスポート
    4. WordPressのwp-config.phpを開き、DBの設定を変更する

    手順だけ書くと簡単そうですが、失敗が許されないので、クライアントワークなどの場合は結構神経を使う作業です。


    DBを使わなくてもブログが作れる

    これがこの記事の本題でもあります。
    今はDBを使わなくても、ブログを作ることができます。
    専門的にいうと、このような技術のことを、

    静的サイトジェネレーター(SSG)

    といいます。
    このブログも、SSGで作られています。
    これからこのSSGについて、以下に詳しく解説していきます。


    静的サイトジェネレーター(SSG)とは

    静的サイトジェネレーター(Static Site Generator)とは、前述申し上げた通り、

    DBを使わずにブログサイトを作ることができる技術

    です。
    これがあるからこそ、WordPressのデメリットを解消できるブログを作ることができます。
    つまり、前述のデメリットを逆転させればいいので、SSGのメリットは、

    1. DBがないのでハッキングリスクが低い
    2. 表示速度が速い
    3. 移行リスクが低い

    ということです。
    以下に詳しく解説いたします。


    1. DBがないのでハッキングリスクが低い

    DBがあるとハッキングリスクがあるのは、先ほどご説明した通りです。

    SSGはMarkdown(マークダウン)でブログ記事を書くので、そもそものDB自体が存在しません。
    DBがないので、ブログがハッキングされて記事が全て消されるみたいな、事故が起こる事も限りなく低くなります。

    外部からのハッキングリスクが低いことを、IT業界では「セキュア」といいます。
    意味は文字通り、「安全な」という意味です。
    「絶対とは言えないけど、限りなく安全な環境」という意味で使われます。
    SSGならDBがないので、セキュアな環境が作れるということです😊


    2. 表示速度が速い

    SSGは、

    • 限りなくページを軽く圧縮してくれる
    • DBがないので記事の表示速度も速い

    というメリットもあります。
    表示速度が速くなれば、

    • 検索順位が上がりやすくなる
    • ページがすぐ表示されるので、読者にも優しい

    というメリットがあります😊


    3. 移行リスクが低い

    SSGは記事をMarkdownで書くので、記事もブログの一部として取り込まれていきます。
    ということは、ブログ本体のデータをダウンロードするだけで、環境の移行が完了します😊
    厳密には、

    • 開発環境を構築する
    • Netlifyの設定をする

    という作業がありますが、DBと違いいくらでもやり直しができるので、移行リスクは限りなく低いです😊


    SSGの比較

    ここまでSSGのメリットを書きました。
    次は、SSGにはどんな種類があるか、解説いたします😊

    SSGにもたくさん種類がありますが、代表的なのは、

    HUGO

    Gatsby

    この2つになるかと思います。
    以下に詳しく解説いたします。

    HUGO

    HUGOとは、Go言語制のSSGです。
    メリットとして、

    • 開発環境の動作が非常に速い
    • シンプルなHTMLを生成するだけなので、表示速度が非常に速い
    • WordPressと同じように、テーマを入れ替えてデザインを変えられる
    • 比較的学習コストが低い

    反面デメリットとして、

    • HUGOの求人はほぼないので、実務では役立ちにくい

    があげられます😅
    具体的にまとめると、以下のようになります。

    使用技術
    Go言語
    動作速度
    速い
    表示速度
    速い
    種類
    Webサイト:基本的に見た目は変わらない(静的なもの)
    デザインの変更
    テーマを変えるだけで様々なデザインに変更できる
    プラグイン
    未対応
    移行コスト
    記事のデータもMarkdownでブログに格納されているので、比較的低い
    学習コスト
    HTMLを編集するだけなので、比較的低い
    技術の応用力
    低い:HUGO単体の求人はほぼない

    Gatsby

    Gatsbyとは、React.js制のSSGです。
    このブログも、Gatsbyで作られています😊
    メリットとして、

    • SPAなので、ストレスなくページ遷移ができる
    • プラグインで機能を追加できる
    • WordPressと同じように、テーマを入れ替えてデザインを変えられる
    • React.js制なので、実務でも使える技術が手に入る

    反面デメリットして、

    • React.js自体の学習コストが比較的高い

    があげられます😅
    具体的にまとめると、以下のようになります。

    使用技術
    React.js
    動作速度
    速い
    表示速度
    速い
    種類
    Webアプリ:ユーザーの状態によって見た目を変えられる(動的なもの)
    デザインの変更
    テーマを変えるだけで様々なデザインに変更できる
    プラグイン
    対応済み
    移行コスト
    記事のデータもMarkdownでブログに格納されているので、比較的低い
    学習コスト
    React.js自体が「JSX」という特殊な文法でコードを書くので、比較的高い
    技術の応用力
    高い:React.jsはホットな技術なので、求人の数も多くエンジニアの単価も高い

    SSGは管理画面は使えない

    厳密には使えないわけではありません。
    ですがWordPressではないので、当然WordPressと同じような管理画面は使えません。

    使えるようにする技術もありますが、Markdownで記事を書けるなら、必要がないのです😅
    なぜかというと、このブログで実際に使われている以下のコードを見ていただきたいのですが、

    ---
    path: /wordpress/demerit_resolution
    date: 2020-07-26T19:00:00
    thumbnail: /images/blog/2020.07.24_01-top.jpg
    title: WordPress最大のデメリットを解消できる、おすすめのフレームワーク【DBを使うのはリスクが高い】
    tags:
      - WordPress
      - ブログ術
    description: >-
      WordPressは世界中で使われているブログを作れるフレームワークです。ですがWordPressには、現行のWebサイトと比較すると致命的なデメリットがあります。それは「DB(データベース)を使っていること」です。この記事ではDBを使うリスクと、DBを使わなくてもブログが作れるシステムについて、解説いたします。
    ---
    
    こんにちは、シンヤです!
    
    今回は、*WordPress最大のデメリットを解消できる、おすすめのフレームワーク【DBを使うのはリスクが高い】*というテーマで、お話しいたします。

    それぞれ英語から何を表しているか、わかりやすいのではないかと思います。
    具体的にいうと、

    • path
      • ページのpath(URL)です
    • date
      • ブログを投稿した日時です
    • thumbnail
      • 一覧画面やOGP、ファーストビューの写真です
    • title
      • ブログのタイトルです
    • tags
      • タイトルや記事の一番下に表示される、ブログのタグです
    • description
      • 一覧画面やOGPの、description(説明文)です

    つまり、管理画面で入力する情報が、そのままMarkdownで入力できちゃうんですよね。
    だからSSGの場合、そもそも管理画面がいらないのです😊


    リスクがあるがWordPressで運用するか、リスクは限りなく0だが新しい環境で運用するか

    WordPressにはDBと紐づいているので、セキュリティリスクがあります。
    WordPressからSSGに移行する場合、記事をMarkdownで書き直さないといけません。
    どちらを取るかはトレードオフの関係なので、両者のメリデメをまとめますと、


    WordPress

    メリット
    今まで運用しているなら、何もせず運用し続けることができる
    デメリット
    ハッキングされるリスクに、永遠と晒され続けることになる

    SSG

    メリット
    DBが存在しないので、ハッキングリスクは限りなく0にできる
    デメリット
    記事をMarkdownで書き直さないといけない

    なのではないかと思います。
    ブログが誰かに壊されるリスクを孕みながら運用し続けるか、最初は手間がかかるけどSSGに乗り換えるか。
    このどちらにするか、悩みどころですね😅

    今からブログを作るなら、セキュアなSSG一択ですけどね。
    おまけのメリットして、DBを使わないからサーバーを契約しなくてもいいので、ドメイン代だけでブログが運営できるので😄

    ではでは、またね〜🤗

    • WordPressのデメリットを解消できる、おすすめのフレームワーク2選【Static Site Generator】

    広告