検索結果0件」

    【詐欺対策】mup竹花貴騎氏の経歴から学ぶ偽物IT起業家の特徴7選

    2020/11/05
    【詐欺対策】mup竹花貴騎氏の経歴から学ぶ偽物IT起業家の特徴7選

    こんにちは、シンヤです!
    先日、以下のツイートをしました。

    竹花貴騎氏の経歴から学ぶ偽物IT起業家の特徴7選
    ・成金自慢
    ・キラキラ自慢
    ・横文字を多用する
    ・何の仕事をしているか分からない
    ・経歴がバラバラ
    ・主語がない
    ・抽象的な事しか言わない
    こんな感じでしょうか
    詐欺対策に役立ちそうなので、ブログで取り上げてみます😊

    こちらのツイートについて、深掘りして解説していこうと思います。


    偽物IT起業家の特徴7選

    偽物IT起業家というより、ほぼ詐欺師の常套手段ですね。
    以下7つの特徴に当てはまる人には要注意です。

    ちなみに竹花氏が詐欺師だとはまだ断定されてないですからね(ほぼ確定だと思うけど)。
    SNSで竹花氏を詐欺師呼ばわりしている人は、名誉毀損になるかもしれないから気をつけてね😅

    1. 成金自慢
    2. キラキラ自慢
    3. 横文字を多用する
    4. 何の仕事をしているか分からない
    5. 経歴がバラバラ
    6. 主語がない
    7. 抽象的な事しか言わない

    以上になります。
    詳しく解説いたします。


    1. 成金自慢

    まずこれが一番多いですね。
    なぜかうまくいっていない「自称IT起業家」ほど、金持ち自慢する気がします。

    実際のIT起業家は、ほとんどの人が全員質素です。
    みんな他人に興味ないので、人からの見栄えを気にする必要がないので金持ち自慢しないんですよね😅

    特にタワマンに住んでるとか、運転手付きの車で通勤してるとか、プライベートジェットを持ってるとかですかね。

    タワマンに住んでるのは、単純に「防犯対策」です。
    運転手付きの車とか、プライベートジェットとかもそうですね。

    なんでうまくいっていない人ほど、金持ち自慢するんでしょうか?
    金持ちアピールして信者を囲い込まないと、やっていけないビジネスをしているのでしょうか?


    2. キラキラ自慢

    これもよくありますね、IT業界キラキラ自慢ってやつですね。
    SNSやYouTubeなどのITの仕事って、他の業界の人から見たらキラキラしているのでしょうか?

    実際のITの業務っていうのは、結構泥臭いことが多いです。
    実現可能か不可能かを見定めながら、システムをひたすら作っていくだけですからね😅

    プロジェクトによって予算も厳密に決められているし、日中はひたすらパソコンと睨めっこしているだけですからね。
    どこがキラキラしている業界なのか、なぜそう見られているのか本当に不思議です。

    成金自慢と同じく、これも自分たちがやっている仕事がキラキラしていると思ってもらえないと、信者を囲い込めないのでしょうね😅


    3. 横文字を多用する

    IT業界は結構横文字を多用します。
    それを知ってかしらずか、偽物の起業家ほど横文字を多用するものだと思っています。

    本当に伝えたいことがうまく言語化できないから、横文字を使って回避するのです。
    つまり自分で中身がないとわかっているんですよね。

    僕はものごとはなるべくシンプルに伝えたほうがいいと思っています。
    本当に大切なことは、横文字を使わずに伝えたいことを伝えられるはずなのです。

    IT業界でよく使われる横文字とは、例えば以下の様なものです。

    • KPI
    • CVR
    • ROI
    • PDCA

    僕はこれを、全くIT業界を知らない人でもうまく説明できる自信があります。

    仮に「KPIってなんですか?」「ROIってなんですか?」と子供に聞かれても、答えられる自信があります。

    具体的に説明すると、以下の様になります。

    • KPI:目標
    • CVR:コンバージョン率
    • ROI:投資利益率
    • PDCA:プロダクトを改善し続ける

    さらに6歳の子供に説明するなら、以下の様に説明します。

    • KPI
      • 仕事をやる意味
    • CVR
      • どれだけのお客様が、商品を買ってくれたか
    • ROI
      • どれだけお金が儲かったか
    • PDCA
      • お客様を増やすアイデアを、考え続ける

    などですかね。
    6歳児の子供にも意図を伝えられないなら、それは「言語化」とは言えません。


    4. 何の仕事をしているか分からない

    IT業界で有名な人は、実は手掛けているサービスや事業は明確だったりします。
    例えば・・・

    • 山田進太郎 氏:メルカリ
    • 堀江裕介 氏:クラシル
    • 三木谷浩史 氏:楽天

    などですかね。
    意外とみんな、やっていることは明確に分かったりするんですよ😊

    IT起業家で何をやっているかわからない人は、詐欺師の典型的なパターンというわけです。
    ITだけじゃなく、詐欺師って自分で何やっているか言わないんですよね。

    竹花氏の場合、典型的な「何やっているか分からないタイプ」の起業家ですね。
    インスタ自動解析ツール?も、普段やってるビジネスも、結局実態がよくわからないんですよね。

    しかもインスタ自動解析ツールってスパムですしね。
    それ以前にインスタってAPIの仕様変更があって、自動解析とか出来ないはずなんですけどね😅

    今回の経歴詐称でYouTubeを見てみました。
    言っている事も本やネット記事の内容を切り取って、自分なりの言葉にアレンジしただけですしね。

    ただ「中身がないゴミ箱」に高額な値段をつけて売っていたのは、マーケティングの観点で言えば本当に凄いと思います。
    竹花氏は「見せ方だけ」は上手いんですよね😅


    5. 経歴がバラバラ

    竹花氏を少し調べてみたけど、過去の経歴がバラバラなんですよね。
    しかもどの経歴を深掘りしても、正直お粗末な成果物しか出てこないんですよね。

    • エンジニア
    • COO
    • 起業家

    など、語っている経歴が媒体によって違います。
    これらを成果物で紐解くと・・・

    • エンジニア
      • MUPのログイン画面もherokuだし、インスタ自動解析ツールもほぼスパム
    • COO
      • 過去○億のイグジット経験ありというが、具体的な社名がない
    • 起業家
      • 過去○億のディールというのも実態がないし、資産○億も証明できない

    など、全部「実態がない」「中途半端でお粗末な出来栄え」なんですよね。
    IT業界はパラレルキャリアや転職が当たり前ですが、流石に短期間でこれだけ経歴がコロコロ変わる人はいません。

    ただ動画の見せ方や、YouTubeでのチャンネル登録者数の実績はあるから、CMO(最高マーケティング責任者)なら納得しちゃうかも😅
    本当に「売り方だけ」は上手いんですよねぇ・・・


    6. 主語がない

    これも詐欺師がよく使う典型的なパターンなんですよね。
    実態がないものを売ってるんだから、主語がないに決まってるんですけど。

    • 資産○億:(何の)資産?
    • 学校運営:(どのような)学校運営?
    • システム開発:(何の)システム開発?
    • アプリ開発:(何の)アプリ開発?

    全部「主語がない」から実態がわからないんですよね。
    アプリ開発だって「Webとスマホ」で開発言語も全然違うし、システム開発も定義が広すぎます。

    極端な話、ITを駆使したものなら全部システム開発と言えちゃいますからね。
    このブログもReactを使ったWebアプリなので、システム開発と言えちゃいそうです😅


    7. 抽象的な事しか言わない

    「主語がない」とほぼ同義かもしれませんが、これも詐欺師がよく使う典型的なパターンです。
    みんな抽象的で耳触りがいいことしか言わないんですよね。

    • AIとテクノロジーで世界をシンプルにする
      • AI(人工知能)だって出来ることは沢山あるし、実態はほぼ機械学習
    • 魚をあげるよりも、魚を釣る方法を与えるべきだ
      • 「今を生きるより、今後生き抜く力を与えるべきだ」と言いたかったと思うが、具体的にどんなことを教えているの?
    • 利益配当を主な原資として立ち上げられた財団です
      • まずこの謳い文句自体が抽象的すぎて意味不明。(何の)利益配当をして、その先何を実現したい財団なのか意味不明

    仮にも経営者なら、もっと「言葉の大切さ」を学ぶべきだと思いますけどね。
    全部言っていることが抽象的すぎて、怪しさしか残らないんですよね。

    ただ実態がないものを売っていたので、具体的なことが言えなかっただけかもしれません。
    その場合は仕方ないですね😅


    出自がよくわからない人の言うことは信用しない

    結局竹花氏の行いから学べる教訓は、上記だと思います。
    出自がわからない怪しい人の話を聞いちゃいけません😊

    ネットが発達した現代では、子供が竹花氏のような実態がわからない人の話を鵜呑みにしちゃうことも、ある気がします。
    僕はそのようなネットに免疫がない子供が、道を外してしまわないかというのが本当に心配です。

    ネットは薬にも毒にもなると思うのですが、一日でも早くこのような「胡散臭い人」がネットから撲滅されることを切に願います。

    ではでは、またね〜🤗

    • 【詐欺対策】mup竹花貴騎氏の経歴から学ぶ偽物IT起業家の特徴7選