検索結果0件」

    IT業界で稼げる人は「課題解決ができる人」です【技術がある人ではない】

    2020/06/03
    IT業界で稼げる人は「課題解決ができる人」です【技術がある人ではない】

    こんにちは、シンヤです!

    今回は、IT業界で稼げる人は「課題解決ができる人」ですというテーマで、お話しいたします。


    IT = 課題解決のための手段

    結論から言いますと、理由は上記だからです。

    ITというのは、それ単体では商品を持っていません。
    ITができることというのは、

    商品を持っている人たちをサポートして、課題を解決すること

    です。


    ITは自分たちで商品を持っていないことがほとんど

    基本商売というのは、「価値の売買を行うこと」で成立するので、何かしら売買させる「付加価値」が必要です。

    ITの場合、基本的に自分たちで商品を持っていないので、何かしら「付加価値があるもの」の売買を仲介して、利益を発生させることがほとんどです。

    例えばですが、

    • ECサイト:物品の売買
    • Webサービス:何かしらの課題解決

    を、付加価値として提供しています。
    つまりこれは、

    技術だけでは利益を生み出さない

    ということなのです。
    稼いでいる人ほど「技術力に頼っていない」ことがほとんどです。


    「課題解決する力がある」方が稼げる

    結局どの仕事でも、稼げる人は上記だと思います。
    技術は「課題解決のための手段」なので、

    課題解決する力がある

    人の方が稼げます。
    これはつまり、「ビジネスセンスがある方が稼げる」ということです。

    マナブさんが、自分のプログラミングレベルを「普通」と言っています。
    Repositoryを見てないので憶測ですが、本当に「普通」だと思います。
    それでも稼げているのは、マナブさんが「課題解決する力がある」からです。


    最後に

    まとめますと、

    • IT事業は単体では付加価値を持たない
    • 稼げる人は「課題解決する力がある」人
    • 技術は「課題解決のための手段」でしかない

    ということです。

    今の世の中、ネットの海を探せば「答えは落ちています」。
    その世の中では、技術を身につけることはそれほど難しいことではありません。

    ホリエモンとか有名なインフルエンサーが「プログラミングは簡単」とよく言いますが、あれは本当です。
    大変なのは、

    技術で課題解決をする

    ことなのです。
    難しいことができた方が稼げます。
    これはどの仕事でも同じです。
    IT業界でもどの業種だろうと、稼げる人は同じだと思います。

    僕はこれからDaiGoさんの、「稼げる人稼げない人の違い」を見て、勉強してから寝ようと思います😪

    ではでは、またねー😀

    • IT業界で稼げる人は「課題解決ができる人」です【技術がある人ではない】

    広告