検索結果0件」

    【新しい】テレワークの課題解決に「Clubhouse」が使えるか考察

    【新しい】テレワークの課題解決に「Clubhouse」が使えるか考察

    こんにちは、シンヤです!
    今回は【新しい】テレワークの課題解決に「Clubhouse」が使えるか考察というテーマでお話しいたします。


    「Clubhouse(クラブハウス)」とは?

    「Clubhouse(クラブハウス)」とは、音声で繋がることができる、新しいSNSサービスです。
    主に以下のような特徴があります。

    • 音声配信に特化したSNS
    • 完全招待制
    • 実名性かつ氏名変更が一度だけ
    • 双方向かつ証跡が残らない

    それぞれ詳しく解説いたします。

    しかし現時点(2021/02/24)では、もう日本国内で知らない人は少ないかもしれません。

    音声配信に特化したSNS

    「Clubhouse」のサービス設計を要約すると、上記となります。
    様々な人が音声を通じて繋がることができる、全く新しいSNSサービスになります。

    ユーザーは「Room」と呼ばれる部屋を作ります。
    このRoom内のユーザー同士で、音声で会話を楽しむことができます。

    端的にいうと「カメラ機能がないZoom」と呼べるかもしれません。
    ただしZoomと違い「SNS」なので、様々なユーザーがRoomに入り会話を楽しむことができます。

    とはいえ、無制限にRoomに入れるというわけではありません。
    Roomに参加するのは、以下のような条件があります。

    • 「おすすめ表示」から参加する
    • 「スケジュール」から参加する
    • 「相互フォロワー」が参加中のルームへ参加する
    • 「招待URL」から参加する

    つまり「テキストで検索してRoomに参加することができない」のです。
    「繋がり」と「興味関心の分析結果」からしか、Roomに参加できない設計となっております。

    記事の趣旨とは異なるので、Roomに参加する方法は、また別途記事を書いてご紹介したいと思います。

    完全招待制

    「Clubhouse」は完全招待制で、基本的に知り合いからしか招待を受け取れません。
    なぜなら、招待を受けるには「お互い電話番号を知っている必要があるから」です。

    招待を受ける手順は、要約すると以下の通りです。

    1. 「招待する人」がClubhouse内で、電話番号を入力する
    2. 「招待された人」は、SMSで招待状を受け取る
    3. 「招待された人」は、SMSのリンクからClubhouseでアカウントを作成する
    4. 「招待された人」がアカウント登録が完了する
    5. 「招待する人」はClubhouse内で通知が届き、アカウント登録が完了したかを知れる

    なので基本的には、電話番号を知らない人同士では登録できません。

    良くも悪くもLINEが流行し、電話番号を知らなくてもやりとりができるようになった日本では、この「招待を受ける」のが一番大変かもしれません。

    実名性かつ氏名変更が一度だけ

    Clubhouseの安全性を最も高めている要因かもしれません。
    基本的に実名性、かつ氏名変更は一度だけです。

    Clubhouseには2つの名前を登録できます。

    • 自分自身の氏名
    • クリエイターネーム

    このどちらも、変更できるのは「1回のみ」となります。
    氏名変更に限定的な制約があるので、より相手が「実名」である確証が高まります。

    ちなみに「クリエイターネーム」の設定は任意です。
    設定した場合、氏名ではなくクリエイターネームで表示されます。

    双方向かつ証跡が残らない

    これがClubhouseの一番良いところかもしれません。
    Clubhouseは誰でもRoomに参加でき、やりとりの「証跡」が残りません。

    これは、音声というメディアをうまく使っているサービス設計だと、私個人は感じました。

    サービス名通り、クラブでお酒を飲みながら隣り合った人と談笑している感覚に近いです。
    「ネット上でオフラインに近い閑話を実現した」と言えるかもしれません。

    通常のSNSで閑話をすると、どうしても証跡が残り、かつアンチが湧いてきます。
    ファンと談笑する際、Clubhouseはとても使いやすいサービスだと思います。

    私を好きな方に不快な思いはさせたくないので、Clubhouseは本当に談笑しやすい良い環境だと思います。

    ちなみに録音は規約違反らしく、永続的に行うとアカウント停止処分となるそうです。
    証跡が残らない故規約違反の場合の対処をどう行うかなど、懸念点などもあります。


    招待された人だけ参加することも可能

    Cluhouseは音声を利用したSNSです。
    しかし、プライベートな空間で使うこともできます。

    より詳しくいうと、オーナーが招待した人だけ参加できるRoomを作ることもできるのです。
    オーナーが参加者を限定したい場合効果的ですね。

    そしてこれが、テレワークの課題解決につながるのではないかと考えております。


    テレワークの課題とは

    私の会社は、現在完全にテレワークです。
    そしてテレワークは、以下の課題を含んでいると感じています。

    連絡が取りづらく、業務スピードが落ちがち

    これになります。
    出勤時間が減った分、確かに時間を有効活用する事ができる様になりました。

    しかし、働く仲間が隣にいないので、どうしても連携に遅れが生じてしまいます。
    また、普段の何気ない雑談や談笑から、問題解決の糸口が見つかる事も多いのです。

    オフィス自体不要説もありますが、実際オフィスで集まって仕事をする。
    出社自体にもメリットはあるのです。

    そしてこの課題に、Clubhouseの完全招待性が使えるのではないかと考えております。
    そう思う理由は以下になります。

    スマホだけで完結するので、パソコンの作業に支障をきたさない

    上記になります。
    以下に詳しく空き節していきます。


    スマホだけで完結するので、パソコンの作業に支障をきたさない

    テレワークというのは、基本的にパソコンで行います。
    ZoomなどのWebミーティングを通じて、遠方でやり取りをします。

    つまり、パソコンで使えるアプリだと、2つ同時に起動しないといけません。
    この点Clubhouseは、スマホだけで完結するので、心配はありません。

    スマホだけで完結するアプリは、何気に多くない印象を持ちます。
    この点は本当に有利に働くと思います。

    パソコンではZoomでやりとりして、仕事仲間との談笑はClubhouseを使う。
    そんな事ができるということになります。


    とはいえ、まだ実現は難しそう

    なぜなら、Android版がまだリリースされてないからです。
    iPhoneユーザーのみClubhouseを利用できます。

    それでは、Android端末を使っている人はClubhouseに参加できません。
    誰でも参加できなければ、業務に使うことはできません。

    この点は本当に早くAndroid版が出て欲しいと、切実に願います。
    そうすれば、この問題は解決します。

    Android版が出てみたら、早速上長にClubhouseを業務で使うことを提案します。
    そうすれば、SNSの利用だけでなく「業務用として」新しいClubhouseの使い方ができそうですね😊


    まとめ

    • 「Clubhouse」とは、完全招待性の音声SNS
    • SNSだが招待された人だけ参加も可能
    • テレワークの課題は、お互いそばにいないので連携が取りづらいこと
    • この課題解決に、Clubhouseが使えそう
    • スマホだけで作業が完結する
    • なので、パソコンの作業に支障をきたさず、談笑ができるから
    • とはいえ、実現はまだ難しそう
    • Android版がないので、Clubhouseに参加できない人が出てしまうから

    今回は以上になります。
    それでは、次の記事配信までお待ちください😊

    • 【新しい】テレワークの課題解決に「Clubhouse」が使えるか考察