検索結果0件」

    【お金】「Clubhouse」の収益化構造を調査・将来性を予測

    2021/02/24
    【お金】「Clubhouse」の収益化構造を調査・将来性を予測

    こんにちは、シンヤです!
    今回は【お金】「Clubhouse」の収益化構造を調査・将来性を予測を解説いたします。


    「Clubhouse(クラブハウス)」とは?

    「Clubhouse(クラブハウス)」とは、音声で繋がることができる、新しいSNSサービスです。
    主に以下のような特徴があります。

    • 音声配信に特化したSNS
    • 完全招待制
    • 実名性かつ氏名変更が一度だけ
    • 双方向かつ証跡が残らない

    それぞれ詳しく解説いたします。

    しかし現時点(2021/02/24)では、もう日本国内で知らない人は少ないかもしれません。

    音声配信に特化したSNS

    「Clubhouse」のサービス設計を要約すると、上記となります。
    様々な人が音声を通じて繋がることができる、全く新しいSNSサービスになります。

    ユーザーは「Room」と呼ばれる部屋を作ります。
    このRoom内のユーザー同士で、音声で会話を楽しむことができます。

    端的にいうと「カメラ機能がないZoom」と呼べるかもしれません。
    ただしZoomと違い「SNS」なので、様々なユーザーがRoomに入り会話を楽しむことができます。

    とはいえ、無制限にRoomに入れるというわけではありません。
    Roomに参加するのは、以下のような条件があります。

    • 「おすすめ表示」から参加する
    • 「スケジュール」から参加する
    • 「相互フォロワー」が参加中のルームへ参加する
    • 「招待URL」から参加する

    つまり「テキストで検索してRoomに参加することができない」のです。
    「繋がり」と「興味関心の分析結果」からしか、Roomに参加できない設計となっております。

    記事の趣旨とは異なるので、Roomに参加する方法は、また別途記事を書いてご紹介したいと思います。

    完全招待制

    「Clubhouse」は完全招待制で、基本的に知り合いからしか招待を受け取れません。
    なぜなら、招待を受けるには「お互い電話番号を知っている必要があるから」です。

    招待を受ける手順は、要約すると以下の通りです。

    1. 「招待する人」がClubhouse内で、電話番号を入力する
    2. 「招待された人」は、SMSで招待状を受け取る
    3. 「招待された人」は、SMSのリンクからClubhouseでアカウントを作成する
    4. 「招待された人」がアカウント登録が完了する
    5. 「招待する人」はClubhouse内で通知が届き、アカウント登録が完了したかを知れる

    なので基本的には、電話番号を知らない人同士では登録できません。

    良くも悪くもLINEが流行し、電話番号を知らなくてもやりとりができるようになった日本では、この「招待を受ける」のが一番大変かもしれません。

    実名性かつ氏名変更が一度だけ

    Clubhouseの安全性を最も高めている要因かもしれません。
    基本的に実名性、かつ氏名変更は一度だけです。

    Clubhouseには2つの名前を登録できます。

    • 自分自身の氏名
    • クリエイターネーム

    このどちらも、変更できるのは「1回のみ」となります。
    氏名変更に限定的な制約があるので、より相手が「実名」である確証が高まります。

    ちなみに「クリエイターネーム」の設定は任意です。
    設定した場合、氏名ではなくクリエイターネームで表示されます。

    双方向かつ証跡が残らない

    これがClubhouseの一番良いところかもしれません。
    Clubhouseは誰でもRoomに参加でき、やりとりの「証跡」が残りません。

    これは、音声というメディアをうまく使っているサービス設計だと、私個人は感じました。

    サービス名通り、クラブでお酒を飲みながら隣り合った人と談笑している感覚に近いです。
    「ネット上でオフラインに近い閑話を実現した」と言えるかもしれません。

    通常のSNSで閑話をすると、どうしても証跡が残り、かつアンチが湧いてきます。
    ファンと談笑する際、Clubhouseはとても使いやすいサービスだと思います。

    私を好きな方に不快な思いはさせたくないので、Clubhouseは本当に談笑しやすい良い環境だと思います。

    ちなみに録音は規約違反らしく、永続的に行うとアカウント停止処分となるそうです。
    証跡が残らない故規約違反の場合の対処をどう行うかなど、懸念点などもあります。


    久しぶりに爆発的に流行ったSNSが上陸した

    Clubhouseの伸びは「Instagram」「TikTok」が上陸した際と同じぐらい。
    個人的にはそう感じています。

    昨今SNSはどれも「似たり寄ったり」で、真新しいサービスが無いように感じました。
    そこへ来ての「Clubhouse」ですからね。

    ITのサービスが大好きな自分としては、研究対象としてとても興味が湧きました。
    早速昔馴染みの友人にお願いして、招待してもらいました😊

    Clubhouseは現状「無料で使えるサービス」です。
    無料のサービスの将来性を予測する上で・・・

    どこでマネタイズをさせるか

    つまり「どこで収益化をさせるか」ということですね。
    こちらを分析するのは、非常に重要なことだと私個人は思っております。

    今や「Web」や「アプリ」のサービスの収益化構造は多岐に渡ります。
    ひと昔前みたいに・・・

    • 広告
    • アフィリエイト

    などが主な収益源となる時代は、徐々に終わりを迎えつつあります。
    いかにして「無料から有料へと切り替わるサービス設計をするか」を、様々な人が知恵を絞って考えています。

    ネットでは批判されがちですが「ソーシャルゲームのガチャ」とかもそうですね。
    いかにして「無料」から「有料」へと課金させるかを、考えて設計されています。

    ここで気になるのが「Clubhouseはどこで収益化をさせるか」ですね。
    こちらに関しては公式からアナウンスがあったので、それを踏まえて分析してみます。


    Clubhouseのマネタイズポイント

    「Clubhouse公式からアナウンス」には、以下のように書かれております。

    Investing in creators 👨🏽‍🎤 Creators are the lifeblood of Clubhouse, and we want to make sure that all of the amazing people who host conversations for others are getting recognized for their contributions. Over the next few months, we plan to launch our first tests to allow creators to get paid directly—through features like tipping, tickets or subscriptions. We will also be using a portion of the new funding round to roll out a Creator Grant Program to support emerging Clubhouse creators.

    要約すると、以下のように書かれております。

    Clubhouseは会話を主宰するすべての人々によって成り立っており、彼らに対して貢献することを第一に考えております。
    数ヶ月内に「チップ」「チケット」「サブスクリプション」の機能を導入して、クリエイターに報酬が発生する仕組みをテストする予定です。
    また、調達した資金の一部を使用して、Clubhouseのクリエイターをサポートするプログラムを開始する予定です。

    つまり、今現状予定されている「マネタイズポイント」は、

    • チップ
    • チケット
    • サブスクリプション

    この3つだとアナウンスされています。
    このうち手数料の幾らかを頂戴するビジネスモデルのようですね。

    チップ

    放送中にリスナーが特定の人物に、お金を渡すことができる機能だと思います。
    YouTubeの「スーパーチャット」のようなものですね。

    現時点では、誰が誰にお金を渡すことができるのかはわかりません。

    • Roomを開いた人
    • モデレーターの誰か
    • トークに参加中の誰か
    • Roomに参加している人なら誰でも

    などなどが、想定しうると思います。

    チケット

    事前にRoomを作って、参加をしたい場合お金を支払うのだと思います。

    ツイキャスの「プレミア配信」に近いかもしれません。
    事前にチケットの値段を決めておいて、販売する形ですね。

    ライブ配信ではない「音声だけのチケット」というのも、面白そうですね。
    実装されたら、早速使ってみたいと思います。

    サブスクリプション

    毎月定額の料金を支払ってくれる人に、音声を配信できるサービスだと思います。
    いわゆる「オンラインサロン」に近い形態かもしれません。

    「音声だけのサブスクリプション」というと、マコなり社長のInside Storiesに近いかもしれません。


    Clubhouseの今後の使われ方

    主に以下のように使われると思います。

    1. 著名人が「オンラインサロン」として使う
    2. 音声配信者が「配信サービス」として使う
    3. 著名人が「限定Room」を公開する

    それぞれ詳しく解説いたします。

    1. 著名人が「オンラインサロン」として使う

    主にインフルエンサーなどが「オンラインサロン」として利用すると感じています。
    おそらく「サロンでは語らないより濃い内容」を、発信するイメージです。

    オンラインサロンは、昨今は少々下火になっている印象を持ちますが、まだ今後も残り続けると感じています。

    ただ「証跡が残らない」というのは、裏を返すと・・・

    知見や情報を他の人に共有できない

    ということでもあります。
    オンラインサロンはどちらかというと・・・

    • 学びの園
    • 人脈形成

    などで利用する方が多い印象を持ちます。
    その場合は必然的に「証跡が残る」方が良いと、私個人は感じております。

    なのでもしかすると、オンラインサロンとしては使いにくくなるかもしれません。
    しかし、まだリリースされていないのでなんとも言えません。

    2. 音声配信者が「配信サービス」として使う

    既存のライバーなどが「YouTube」や「ツイキャス」の代わりに、Clubhouseを利用する感じですね。
    著名人の友人と音声を配信して、「投げ銭」で稼ぐというやり方です。

    映像がないので、動画と違い「視覚で人を魅了する」という手法が使えません。
    「音声のみの場合の戦略」が求められると思います。

    私は「音声のみの戦略」をとるならば・・・

    より多くの著名人を巻き込み、対談を行う

    があるのではないかと、予想しております。

    3. 著名人が「限定Room」を公開する

    私個人としては、こちらの路線が最も需要が高くなると予想しています。
    有料で「限定Room」を作り、視聴者の問題解決をする手法です。

    この路線で行くと、以下のようなやり方があると考えています。

    1. 自分自身と対話ができることを付加価値とする
    2. 悩み相談を受け持ち解決まで導く

    などですね。
    「メンタリストDaiGo」さんなどは、上記2つ全て実践しておられますね。

    ラジオの「お悩み相談」に近しいものかもしれません。
    インターネット上で著名人に、対話と相談ができることを強みにする感じですね。


    Clubhouseは今後も続くサービスになると思う

    • 双方向かつ証跡が残らないコミュニケーション
    • サムネや動画とも違う「音声のみ」というサービス
    • 新しいサービス設計なので、今までのインフルエンサーとは違う戦略性が使える

    上記のようなSNSは今まで存在してませんでした。
    新しいサービスとして、今後も定着していくと感じております。

    「有名人と気軽に話せる」や「友達と気軽に話せる」などのように、身近な人とそうでない人を、インターネットで紡ぐサービスになると、私個人は予測しております。

    必然的に「マネタイズポイント」は・・・

    クリエイターと視聴者が、どのような形で紡がれるか

    に焦点が当たると予測しております。
    「繋がり」がこのサービスの根幹であり、需要であると感じるからです。

    「実名性」かつ「名前の変更も1回のみ」。
    紹介からでないと登録できない「サービス設計」に、繋がりを尊重する片鱗を感じます。

    実際私もClubhouseを継続的に利用させていただいております。
    興味が湧いたRoomに参加し、閑話にも参加しております。

    使っている感覚値として、とても良いサービスだと感じます。
    理由はこの記事で説明させていただいた通りです。


    まとめ

    • 「Clubhouse」とは、音声で繋がる新しいSNS
    • インターネット上で「クラブでお酒を飲みながら隣り合った人と談笑している感覚」を味わえるサービス
    • 現状まだ収益化の構造は構築されていない
    • しかし、公式からアナウンスはある
    • 「チップ」「チケット」「サブスクリプション」の3つ
    • 「音声で視聴者の問題を解決する」に焦点を当てた、課金体系になると予測している
    • Clubhouseは今後も続くサービスだと予測している
    • 実際に会うのと近しい感覚で、SNSを行える体験は今までなかったから

    今回は以上になります。

    • 【お金】「Clubhouse」の収益化構造を調査・将来性を予測

    最後までお読み頂きまして、誠にありがとうございます😊

    公式ラインもありますので、よろしかったら下記のボタンから、LINE友だち追加をして頂けますと幸いです。

    登録してくれた方には、無料プレゼントもご用意しております!⭐️