検索結果0件」

    【偽SEO対策】文字数が多ければSEO対策になるというのは「嘘」です【まだそんな迷信を信じてるの?】

    【偽SEO対策】文字数が多ければSEO対策になるというのは「嘘」です【まだそんな迷信を信じてるの?】

    こんにちは、シンヤです!

    今回は、【偽SEO対策】文字数が多ければSEO対策になるというのは「嘘」です【まだそんな迷信を信じてるの?】というテーマで、お話しいたします。


    文字数が多ければSEO対策になるというのは「嘘」です

    この記事の本質にして、結論から書きますが、文字数が多ければSEO対策になるというのは「嘘」です。
    記事の文字数とSEO効果は比例しないというのは、2016年にGoogle社員のJohn Mueller(ジョン・ミュラー)さんが断言しています。


    "everything until 100 words is bad. Everything between 100 and 500 is fine, and over 500 needs to have five pictures."
    We don’t look at it like that. We try to look at the pages overall and make sure that this is really a compelling and relevant search results to users.

    日本語訳

    「100文字に満たないページは悪い。文字数100~500程度が大丈夫で、500以上は5枚の画像がないといけない」
    Googleはそのようにページを評価していません。ページ全体を評価して、ユーザーにとって魅力的で関連性のある検索結果であることを、確認しようとします

    文字数より「読者の課題解決」に焦点を当てる

    みんな小手先だけのテクニックだけ学んで、本質的なことを見失っている気がします。
    SEOについては、Google公式から明確な指針が出ていないので、結局どれが効くかは憶測になります。
    (そして今後も明確な指針が発表されることは、ないでしょう😅)

    その中で、SEOに効くことがあるとすればそれは、

    読者の「課題解決」に焦点を当てる

    だと思います。

    もちろん先ほども言ったように、SEOは「明確な指針が存在しない」ので、これも憶測になります。
    (SEOに関しては、もはや「宗教論争」に近い議論な気がします😅

    ただ、なぜ読者がブログを読むのかというと、「日常では解決できない問題を解決したいから」であると思います。
    課題を解決できないからGoogleで検索をして、記事を見て課題解決を図ります。


    文字数が多いだけの記事は、ただただ「読みにくい記事」なだけ

    伝えたいことがたくさんあって、必然的に文字数が多くなるのはわかります。
    ですが、SEOと文字数に相関関係はないとGoogleが表明している以上、文字数が多いだけの記事は「ただただ読みにくい記事なだけ」ということになります。

    そして一昔前の「文字数が多い = SEOに有利」という迷信を信じて、いまだにただただ「文字数が多いだけ」の記事を描き続けている人が、散見される気がしています。
    それははっきりいって「悪手」だし、ただただ読みづらい記事を量産しているだけです。

    本当に検索順位をあげたいなら、文字数を増やすよりも「削る努力」も必要だと思います😅


    Googleがどうやってそれを判定しているか

    SEOに関しては先ほども申し上げた通り、「宗教論争」に近いものがあるため、ここからは僕の憶測になります。

    Googleがどうやって「読者の課題解決に貢献している記事か」を判定しているのか?
    まさか広大なネットの海に散らばる記事から、目視で判定しているとは思えません。

    ではどこで判定しているのかというと、

    ページをデータ解析して仮説を出して、ランキング順位をつけている

    と僕は予測しています。


    Analyticsでデータ見られてるじゃん

    Webを使っているなら大抵の人は「Google Analytics」を使っていると思います。
    そしてGoogleが運営しているなら、Google Analyticsで計測したデータは、当然Googleにもデータを計測されていると思います。

    Googleは、このAnalyticsで計測したデータを基に、ページのランクをつけていると予測しています。
    少なくとも、そのような処置をとっても不思議ではないと、僕は思っています。

    ですがこの場合、「Google Analyticsを入れていないページはどうなのか?」という疑問が残ります。
    その場合、Analyticsを入れていないサイトは、検索順位を落とすみたいな処置を施せばいいので、あまり問題ない気がします😅

    まぁ最も何度も言っている通り、Googleが明確な指針を表明していないので、これは全部憶測になります


    読者目線の記事を書くことが、最高のSEO対策

    結局明確な指針がない以上、

    読者の課題解決に貢献している記事が、一番いい記事

    ということになります。
    ということは必然的に、読者の課題を解決できている記事が、一番SEO効果が高いということになります😊

    ただ一つ言えることは、「Googleが質の高いコンテンツを上位表示させる」と表明していることは、間違いありません。
    ということは、我々ブロガーはこれからも粛々と、質の高いコンテンツを作り続けることに焦点を当てた方がいいということになります😅


    まとめ

    • 検索順位と文字数の相関関係は全くない
    • Googleは質の高いコンテンツを上位表示させる
    • Googleがどうやって「質の高いコンテンツ」を算定しているのかは、誰にもわからない
    • 一番のSEO対策は、「読者目線の記事を書くこと」
    • 我々ブロガーはこれからも粛々と、「質の高いコンテンツとは何か?」を考えならが、ブログを書き続けていくしかない

    になります。
    ではでは、またね〜🤗

    • 【偽SEO対策】文字数が多ければSEO対策になるというのは「嘘」です【まだそんな迷信を信じてるの?】

    広告