検索結果0件」

    【成果】「モノづくり大好き」に「マーケティング」を掛け合わせる時代

    【成果】「モノづくり大好き」に「マーケティング」を掛け合わせる時代

    こんにちは、シンヤです!
    今回は【成果】「モノづくり大好き」に「マーケティング」を掛け合わせる時代を解説いたします。


    そもそも「マーケティング」の定義とは

    これから書く記事を分かりやすくするために、一度「マーケティング」の定義をはっきりさせましょう。
    Wikipediaによると、以下のように書かれています。

    企業などの組織が行うあらゆる活動のうち、「顧客が真に求める商品やサービスを作り、その情報を届け、顧客がその価値を効果的に得られるようにする」ための概念である。また顧客のニーズを解明し、顧客価値を生み出すための経営哲学、戦略、仕組み、プロセスを指す。

    これだけだとイマイチよくわかりませんね。
    上記の言葉を要素分解すると、以下のようにできると思います。

    • 組織が行うあらゆる活動
    • 顧客が求める商品・サービスを作る
    • さらに情報を届ける
    • 顧客が価値を効果的に得られるようにする
    • 顧客のニーズを解明する
    • 顧客価値を生み出す為の「経営哲学」「戦略」「仕組み」「プロセス」

    上記から大切な言葉を分解すると、以下のようになると思います。

    • 組織活動
    • 商品・サービス設計
    • 情報伝達
    • 商品価値の創造
    • 顧客ニーズの解明

    つまり上記を内包した、

    • 経営哲学
    • 戦略
    • 仕組み
    • プロセス

    全て指すのが、マーケティングの定義と言えると私は考えました。
    個々人の活動が、上記4つと結びついていれば良いわけです。

    具体的に「マーケティング」とは何か

    要素分解したマーケティングの特徴を全て合わせた活動は、定義が難しいです。
    ですが個別最適化させる形なら、マーケティングは具体的に以下のような活動だと思います。

    1. 「売れる自社商品」の設計
    2. 「商品開発を行う為のスケジュール」の設計
    3. 「製品化まで行う事が可能な予算配分」の設計
    4. 「製品化した商品」の広告戦略の立案
    5. 「市場に流通させるため」の販路の計画と拡大
    6. 「商品の特徴を具体的に落とし込める」文章の作成
    7. 「商品設計・流通・販売まで」の、ナレッジの蓄積及び言語化

    上記の流れを全て総じて「マーケティング」と定義できると思います。
    ただ商品をPRして売るだけではないと、私は考えております。

    「マーケティング」という概念自体が曖昧なので、人それぞれ答えは違うと思います。
    あくまで私なら、マーケティングというものを上記のように考えるという意味です。


    「いいものだから売れる」という時代ではなくなった

    上記のように言われて久しいですが、IT業界で生きていると強く感じます。
    「商品の売り方」を考えないといけない時代ということです。

    これは何も「マーケター」だけの仕事ではありません。
    今の時代「誰もが商品の売り方を考えないといけない時代」だと思います。

    一昔前は、ものを作る事に専念する「モノづくり大好き人間」でも良かったと思います。
    ですが今後は、そうはいかなくなるという事です。

    私も「モノづくり」が大好きな人間

    そんなことを言う私も、かくいう「モノづくり大好き人間」です。
    出来ることなら、何も考えず「インターネットを使ったモノづくり」に没頭したい人間です。

    ですが、資本主義の日本で生きている以上、商品の価値を決めるのは「売り上げ」です。
    売れなければその商品は「存在していない」と同義なのです。

    自分は売るだけで何もしないというのは、いわば「資本主義に対する育児放棄」です。
    モノを作ったら、世に出して受け入れるまで導くのが「育児」と呼べると私は考えています。

    資本主義の原理原則の一つは「この世の全ては商品」です。
    商品である以上「売れなければ価値もない」のです。


    マーケティング = 商品に対する育児

    モノを作るだけで何もしないのは「資本主義に対する育児放棄」と述べました。
    裏を返すと、マーケティングとは「商品に対する育児」と言えます。

    「育む」という観点で、マーケティングは「育児」と非常に似ていると思います。
    前述で定義した、マーケティングを定義する以下の活動、

    1. 「売れる自社商品」の設計
    2. 「商品開発を行う為のスケジュール」の設計
    3. 「製品化まで行う事が可能な予算配分」の設計
    4. 「製品化した商品」の広告戦略の立案
    5. 「市場に流通させるため」の販路の計画と拡大
    6. 「商品の特徴を具体的に落とし込める」文章の作成
    7. 「商品設計・流通・販売まで」の、ナレッジの蓄積及び言語化

    これらは紐解くと

    1. 商品を生み出し
    2. 世に出せる段階まで育て上げ
    3. 世の中に送り出す

    という行為をしていると思います。
    一つ一つ紐解くと「商品に対する育児」と言えるのではないでしょうか?


    これから先の時代「マーケター」という職業はなくなる

    のではないかと、私個人的には予想しています。
    なぜなら、誰もが「商品を設計して売り切るための戦略を考えるから」です。

    自分自身が作り出した商品を、他の人に丸投げしたままにする。
    マーケティングを行わないということは、いわばそういう行為なのだと、私は考えています。

    自分が作り出した商品に対して、無責任ではないでしょうか?
    知恵を捻り出してこの世に産んだ商品なら、世に出すまで面倒を見るべきだと考えます。

    上記は「PDCAを回す」という観点で言っても正しいと、私は考えています。
    商品を作って売り切るまで一気通貫で行えば、「製品評価」「改善案立案」「次の仮説立案」も素早く行えます。

    私はモノづくりまで担当するから、売るのはあなた方が好きにやって下さい

    上記のようなやり取りをしながら、仕事をやり方が通用する時代ではもう無くなっているのです。


    より「生産性が高い人材」しか生き残れない時代が来る

    今までの解説は「生産性が高い働き方が重要視される」と置き換えることもできます。
    生産性の定義とはつまり・・・

    「使った時間」×「生み出した成果」

    上記の方程式で割り出すことができます。
    時間に対してより上質な結果を生み出した人が、最も評価される時代だということです。

    そのような時代に、

    • 私は「モノづくり」しか担当しません
    • 売るのは他の人がやってください
    • 今までやったことがない仕事だからできません
    • どうして「売る事」まで私たちが考えなくてはいけないの

    などという人は、はっきり言って「生産性が非常に低い」と感じます。

    • 一人で二人分以上の働きをして
    • 挑戦した事がない分野へ足を踏み入れる

    上記のような人材の方が、生産性が高いに決まっています。
    なので私は「やったことがないからやらないし、できない」という人とは、基本的に仕事は致しません。

    ちなみにこれは「労働時間や経験年数で仕事の成果が評価されない」という事も表しています。
    私が人の仕事を評価したり、自分自身を評価する際は、人の倍以上に「生産性」にこだわります。


    仕事に対する情熱も大事

    前述のように、資本主義の基本は「この世の全ては商品」です。
    ですが「世に商品を流通させれば何でもいい」という考えもまた危険です。

    良い商品を作るには「仕事に対する情熱」も非常に大事です。
    かけた時間に対する熱量の違いは、そのまま「品質の違い」に反映されます。

    商品設計だけではないですが「これさえ守っていれば後は何でもいい」などのような、極端な思考は非常に危険だと、私は思います。

    私は基本的に、仕事に対して以下のような方は、マーケティングの能力をもってしても「良い結果を生まない」と考えています。

    • お金のみ考えている
    • 嫌々仕事をしている
    • 将来の不安ばかり抱えている
    • 他人と比べてばかりいる
    • 言われたことのみこなしている

    要約すると「仕事に対して情熱を持ち合わせていない人全て」です。
    「情熱」×「何か」であれば、良いと思います。

    • 「情熱」×「お金」
    • 「情熱」×「仕事終わりの娯楽」
    • 「情熱」×「成長」

    などでしょうか。
    「情熱が主語に置き換えられる仕事」という感じです。

    「好き」と「情熱」は違う

    意外かも知れませんが、私は上記を思っています。
    「好き」と「情熱」は、根本的に違うと思っています。

    好きな仕事だからこそ心が折れて辞めてしまう人も居ます。
    例えば、以下のようなケースが該当すると思います。

    • 仕事が好きだけど、給料がすごい安い
    • 仕事が好きだけど、上司のパワハラが酷い
    • 仕事が好きだけど、将来性が感じられない

    好きな仕事だからこそ、ネガティブな要素がより尾を引く可能性もあります。
    私はIT業界で働いて、そのような方を幾らかは見てきました。

    「好きじゃないけど情熱を持てる仕事」というのもあります。
    例えば、以下のようなケースが該当すると思います。

    • 接客は好きじゃないけど、お客様の笑顔を見るのが楽しい
    • 営業は好きじゃないけど、自分が売り歩いた製品が世の中に広まるのが生きがい
    • 技術職は好きじゃないけど、将来役に立つ技術を学ぶのが楽しい

    私個人的には、ポジティブとネガティブ両方同じぐらい釣り合う状態が、最も理想だと思っています。
    「好きだから」で仕事を選ぶと、一つのネガティブな要素に引っ張られてしまう可能性はあります。

    もちろん「好きだから」で仕事を選ぶのが、悪いとは言っていません。
    「好き」を複数見つけられると、仕事を長く続けられると私は考えています。

    つまり「嫌いな仕事だからといって、情熱が持てないとは限らない」ということです。
    そして私個人的には「好き」より「情熱」を優先するのが良いと、考えています。

    嫌いな仕事が「適職」だったりする場合もあります。
    自分にとって最適な職業分析は、以下の本が参考になると思います。


    「情熱」×「マーケティング」が、よりより仕事を生み出す鍵となる

    今までの話を総合すると、上記になると私は考えています。
    要素分解して説明すると、以下のようになります。

    • 情熱
      • 熱量を持って仕事に取り組み「より良い商品」を生み出し
    • マーケティング
      • 販売戦略から流通まで行い「商品に対する育児」まで面倒を見る

    これがこれからの未来を生き抜く上で、大切かつよりより仕事を生み出す鍵になると思います。
    上記2つの掛け合わせが、非常に重要な時代になります。

    繰り返しになりますが「良い製品を作れば売れる」という時代は終わりました。
    これからは「誰もが商品を設計し、世の中に浸透させることまで一手に引き受ける時代」となります。


    まとめ

    • 「良いものだから売れる」という時代は終わった
    • これからは誰もが「マーケティング」を考える時代になる
    • マーケティングとは「商品に対する育児」
    • つまり商品の流通まで考えないのは、作った商品に対する「育児放棄」
    • これから先「マーケター」と呼ばれる仕事はなくなる
    • なぜなら誰もが、商品の流通まで考えるから
    • より「生産性が高い人材」しか、生き残れない時代が来る
    • しかし、仕事に対する情熱も非常に大切
    • なぜなら、仕事に対する情熱がないと、品質の良い製品は生み出せないから
    • これからは「情熱」×「マーケティング」が、よりより仕事を生み出す鍵となる

    今回は以上になります。

    • 【成果】「モノづくり大好き」に「マーケティング」を掛け合わせる時代