検索結果0件」

    【SEO対策】Google Search Console の数値公開

    【SEO対策】Google Search Console の数値公開

    こんにちは、シンヤです!
    先日、以下のツイートをしました。

    Search Consoleを久々に開いて分析してみたいんだけど、この数字っていいのか悪いのか、どっちなんだ?
    ネットにも目安がないんだよね
    CTRは良さそうだけど😀

    Search Consoleの数字ってあまりネットに落ちてなさそうなので、自分で実績を公開することにしました😆


    Search Consoleの数値

    数値は以下になります。

    この数字が本当に「いいのか悪いのか」分からなかったので、とりあえず事例として蓄積させるために、一つのブログの実績として公開します😊


    Search Consoleで重視すべき指標

    僕は主に以下の3つを重視しています。

    • 1:平均CTR
      • 検索ワードが、平均でどれぐらいクリックされているか
    • 2:平均掲載順位
      • 検索ワードが、平均でどれぐらいの順位で表示されているか
    • 3:クエリ
      • よく検索されているクエリ(検索ワード)と、表示回数とクリック率

    このうちどのブログでも共通で追っている指標は・・・

    1. 平均CTR
    2. 平均掲載順位

    であると思います。
    「3:クエリ」は各ブログによって違うので、今回は考慮しないこととします。


    分析結果

    平均CTR

    • 11%なので、数値自体は高い
    • 目を引くタイトルにしたので、その結果だと思われる

    平均掲載順位

    • 13.3位なので、数値としては平均的
    • 初期記事はSEOを全く考えてなかったので、足を引っ張っている可能性がある
    • 現在はSEOを考慮し、タイトルを考え設計している

    分析結果を踏まえた今後の展開

    • CTRは高いので、タイトルの付け方は問題ない
      • 引き続き今後も同じ運用を続けていく
    • 記事を量産し、平均掲載順位が上がるか経過観察する
      • 初期記事を削除しても平均掲載順位が上がるわけではないので、今の方針で記事を書き続け順位が上がるか観察する
    • クエリで上位表示されている記事を派生させていく
      • 検索ワードはわかったので、派生記事を量産させていく

    分析で大事なのは「仮説を立てる」こと

    Webマーケに関連した全てに言えますが、分析で大事なのは「仮説を立てること」です。
    データというのは「仮説を立てるための道具」なのです。

    逆を言うと、仮説を立てずにデータを取り続けるのは「無意味」です。

    詳しくは以下の名著「仮説思考」をご覧ください。
    僕も久しぶりに読み返してみます😊

    ではでは、またね〜🤗

    • 【SEO対策】Google Search Console の数値公開