検索結果0件」

    SEOを意識したタイトル設計のコツ【市場調査・サジェスト・CTR】

    SEOを意識したタイトル設計のコツ【市場調査・サジェスト・CTR】

    こんにちは、シンヤです!
    今回はSEOを意識したタイトル設計のコツ【市場調査・サジェスト・CTR】を解説いたします。


    直近3ヶ月のSEOの結果

    以下の画像になります。

    • 合計クリック数:1.45万
    • 合計表示回数:17.1万
    • 平均CTR:8.5%
    • 平均掲載順位:14.7

    直近3ヶ月でSEOの順位はかなり落ちました。
    ここ1ヶ月はほぼ横ばいです。

    SEOは水物なので、時期によって上がったり下がったりします。
    順位を上げるためには「タイトル設計のコツ」を学ばないといけません。


    SEOを意識したタイトル設計のコツ

    結論からいうと以下の4つになります。

    1. 市場調査
    2. サジェスト調査
    3. 仮説の立案
    4. CTRを意識した文章術

    それぞれ詳しく解説いたします。


    1. 市場調査

    まず狙いたいキーワードが、どれほど検索されているのかを把握します。
    そのためにラッコキーワードというWebサービスを使います。

    Step1
    まず狙いたいキーワードを検索します
    Step2
    下までスクロールします
    Step3
    検索トレンドが表示されます

    この「検索トレンド」を見て、狙いたいキーワードがどれだけ検索されているか分析します。
    例に出した「SEO」というキーワードは、

    • 1年間は一時的にスコア75以上と高スコアを出している
    • しかし5年間で見た場合、2017年頃には高かったが、それ以降は下がり続け現在は横ばい

    という分析ができます。


    2. サジェスト調査

    サジェストとは、平たく言うと「よく検索されている文字」のことです。
    文字を入力すると検索窓の下に出てくる、予測文字がサジェストです。

    サジェスト

    ラッコキーワードではサジェストの調査もできます。

    ラッコキーワードでのサジェスト
    デフォルトでGoogleでのサジェストが表示される

    このサジェストと市場調査を行った結果をもとに、SEOに効くキーワードの「仮説」を立てていきます。


    3. 仮説の立案

    市場調査とサジェスト調査の結果から、仮説を導き出します。
    僕は以下のような仮説を立てました。

    • 直近1年間は、主に専業ブロガーが「SEO」というワードで下調べをしている
      • 2017年頃と比較してスコアは大幅に落ちたが、1年間のスコアは高く横ばい。
        YouTubeの台頭もありブロガーは減ったが、継続的に文章としてのメディアは存続しているので、現在も活動しているブロガーがSEO効果の下調べをしていると予測できる。
    • ブロガーが「SEOの調査ツール」を調べている
      • サジェストの「SEOチェキ」とは、URLを入力すると検索順位を表示してくれるSEOツールだ。
        おそらくSEO対策を施したいブロガーが、掲載記事のSEOでの順位をチェックしたくて検索していると思われる。
    • 2017年からの数値の変化は、ブロガーがYouTubeへ参入しているから
      • 有名ブロガーが専業YouTuberになったのを皮切りに、2017年頃からビジネス系の情報を発信しているブロガーがYouTubeへ参入する、いわゆる「ビジネス系YouTuber」の台頭が起こり始めた。
        これにより、2017年からブログを本筋の収益源とする動きが減り、結果SEOのワードの検索スコアも落ちたと思われる。

    上記の仮説を総合的に分析すると、以下のようになります。

    • 「SEO」というキーワードは、直近1年間は高く検索されている
    • しかし、3年前と比較すると順位は落ちている
    • 原因は、ブロガーがYouTuberになったからだと思われる
    • 文章のメディアがまだ存続している限り、「SEO」というキーワードはまだ生き残り続ける

    ペルソナを作る

    上記の仮説と分析結果があれば、簡易的なペルソナを作成することは可能です。

    • 年齢
      • 30〜40代
    • 職業
      • 専業ブロガー・職業ライター
    • 年収
      • 300〜2,000万
    • 悩み
      • 昔と比べてSEOでの効果が落ちている。
        企業のメディアが強く個人ブログはSEOで首位を取るのが難しくなってきている。
        どうにか首位を取り戻せる方法を知りたい。

    つまり「SEO」というワードで検索する人は「SEOでの順位が落ちているので、挽回策を考えたいブロガー」という仮説が出ました。

    仮説は次の行動へつなげるための指針にすればいいので、正解不正解の立証をする必要はありません。
    しかし、上記仮説はあながち間違いではないと思っております。


    4. CTRを意識した文章術

    CTRとは「Click Through Rate」の略で、「クリック率」のことです。
    SEOで上位表示を取れても、クリックされなくては意味がありません。

    検索結果の場合、読まれる文字はほぼ全て「タイトル」です。
    このタイトルでクリックを促す言葉を入れられるかで、CTRが大きく変動します。

    伝説的なコピーライターである「ジョン・ケープルズ」氏が書いた以下の本があります。

    この本によると、人が興味を抱く言葉には以下4つの特徴があります。

    1. 特になる
    2. 新情報
    3. 好奇心を掻き立てられる
    4. 手っ取り早く簡単

    1~4の順に、効果が高いと言われています。
    例えば以下のような見出しを考えます。

    • 特になる
      • 【お得】店頭販売より「5万円」スマホを安く買う裏技
    • 新情報
      • 【新しい】2021年の最新テクノロジーを使って業務を圧倒的に効率化させる方法
    • 好奇心を掻き立てられる
      • 【発表】未経験から独学でWebデザイナーになった方法
    • 手っ取り早く簡単
      • 【簡単】たった5分でカレーができちゃう魔法のレシピ

    などですね。
    興味をそそる言葉を冒頭に配置すると、より効果が現れます。


    SEOに正解はなく水物

    よく「検索エンジンのアップデートでサイトの順位が急激に落ちた」と聞くことがあります。
    あれは本当に起こります。

    実際私のブログも、順位が大幅に落ちてしまった記事もあります。
    SEOに正解はなく、また水物です。

    効果が出るかどうかわからない、かついつ順位が落ちてもおかしくない。
    SEO対策というのは、本当に難しいものです。


    まとめ

    • SEOには効果的なタイトルをつけることが重要
    • ポイントは「市場調査」「サジェスト調査」「仮説立案」「CTR」の4つ
    • SEOに正解はなく、効果も不安定な水物

    今回は以上になります。

    • SEOを意識したタイトル設計のコツ【市場調査・サジェスト・CTR】