検索結果0件」

    【主要2スクール比較】デザイナー向けのスクール2社をじっくり比較検討してみました!

    【主要2スクール比較】デザイナー向けのスクール2社をじっくり比較検討してみました!

    こんにちは、シンヤです!

    今回は、「デザイナー向けのスクール2社をじっくり比較検討してみました!」というテーマで、お話しいたします。


    スクールに行かなくても勉強はできる

    ぶっちゃけちゃいますが、スクールに行かなくても、デザイナーとして必要な知識は勉強できます。

    そして、今はとても恵まれている時代で、デザイナーとして必要なツールも、無料で全機能使うこともできちゃいます。


    それでもスクールに行ったほうがいい理由

    スクールに行かなくても勉強はできるし、必要なツールも無料で使うこともできますが、それでもスクールに行ったほうがいい理由は、

    1. 知識やスキルの応用が行いにくい
    2. 「デザインだけ」の知識になりがち
    3. レビューやブラッシュアップができない

    です。

    それぞれ詳しく解説いたします。

    知識やスキルの応用が行いにくい

    ネットにある知識やスキルは、ほとんどが断片的なものです。

    どういうことかというと、

    1. 「ペンツール」というツールは、こういう使い方ができます
    2. 「図形作成」のツールは、こういうとができます

    というように、機能やツールの使い方を、別々に紹介していくことが多いです。

    でも実際の仕事で使うときは、

    「ペンツール」は滑らかな線が描けるから、「図形作成」のツールより絵を描くことに向いている

    のように、機能を比較してどちらがいいか判断したりします。

    これができると、「スキルの応用」ができるようになります。

    つまり、「ネットの知識は断片的すぎるので、応用力が磨かれない」ことが多いです。

    「応用力を磨く」には、経験がある人に教えてもらいながら、作品を作り続けるのが一番いい近道です。

    「デザインだけ」の知識になりがち。

    今は、「絵がものすごいうまい」とか、「絵も動画もドット絵もなんでも作れる」みたいに、よほど突出した才能がない限り、「デザインだけ」の仕事を行うことが少ないです。

    例えば、デザイナーが行う「デザイン以外」の業務としては、

    • HTMLとCSSを使って、自分が作ったデザインの実装をする
    • 作ったデザインの効果を、数字で評価する
    • 外注のデザイナーさんに仕事をお願いするために、指示書を作る

    みたいな、割と裏方のような仕事も同時にこなしていきます。

    スクールであれば、現場を知っている経験者の先生方が教えてくれるので、より実践向きな「デザイナーとして必要な、デザイン以外の経験」も一緒に織り交ぜて、仕事を教えてくれます。

    レビューやブラッシュアップができない

    自分が作ったデザインを、人に見せて「レビュー(評価してもらう)」や、「ブラッシュアップ(よりいいデザインに仕上げる)」ことは、とても大事なことです。

    ですが、基本1人でもくもくと勉強していく自習では、誰かに自分が作った作品を見せることは少ないので、レビューやブラッシュアップができる機会が非常に少なくなります。

    スクールなら、一緒に学んでいる学友と、自分が作ったデザインや、学友が作ったデザインをレビューしあったりしつつ、作品をブラッシュアップすることができます。

    これがスクールの最大のメリットで、現場で働いているデザイナーでも、「レビューしてくれる人がいない」と悩んでいる人は大勢いるので、高い学費を払ってでも使い倒すべきです。


    主要な2スクールを比較してみました

    そういうわけで、「スクールに通うメリット」を解説いたしましたので、どのスクールがいいか、考えていきたいと思います。

    Webデザイナー向けのスクールで、主要なスクールは、

    デジタルハリウッドSTUDIO by LIG

    テックキャンプ デザイナー転職

    の2つがあります。

    それぞれ詳しく解説いたします。

    しかもなんと今なら、

    説明会もネットで完結

    授業もネットで完結

    と、最初の説明も勉強も全部ネットで完結できちゃいます!

    デジタルハリウッドSTUDIO by LIG

    東京都台東区に本社を構えるWeb制作会社である、「株式会社LIG」さんが運営されているスクールになります。

    LIGさんは2020年現在で、13年の歴史を誇る老舗のWeb制作会社です。

    最大の特徴が、「13年の歴史を誇る老舗のWeb制作会社さんが運営されている、スクール」という点です。

    現役Webクリエイターの講師の方々が、直接丁寧に指導してくれます。

    テックキャンプ デザイナー転職

    現役YouTuber兼IT企業の社長として活躍されている、「マコなり社長」さんが代表を務める「株式会社div」さんが運営されている、デザインスクールです。

    1番の特徴は、「IT企業が直接運営しているスクール」という点で、コンセプトは「誰でもプロのデザイナーになれる場所」 です。

    デザイナーとしてのカリキュラムはもちろんのこと、「プログラミング」のカリキュラムにも力を入れております。


    2スクールの特徴をまとめてみました

    2つともいいスクールですが、それぞれ特徴をまとめてみました。

    デジタルハリウッドSTUDIO by LIG

    • Web制作会社(株式会社LIG)が運営するスクール
    • 現役クリエイターによる直接指導
    • Mac・ディアルディスプレイ完備
    • コンサルタントによる厚い転職支援
    • デジタルハリウッド社と業務提携
    • LIG運営のコワーキングスペース使い放題

    テックキャンプ デザイナー転職

    • IT企業が運営しているスクール
    • プログラミング教育に多数の実績あり
    • 求人の紹介より「プロになれるための徹底的な教育」に重点を置いている
    • 専属のトレーナーがサポートしてくれる
    • 専属のキャリアアドバイザーがサポートしてくれる
    • デザイナーとして就職できなかった場合、受講料を全額返金してくれる

    要するに、

    現役Webクリエイターが教えているかどうか

    の違いだけなのかと思います、

    divさんは常時外部メンターさんを募集していますので、教えてくれている人も、外部メンターさんの可能性が高いです。

    つまり、教える人は両者とも「現役Webクリエイター」なので、「メンターの質に両者とも違いはない」ということです。


    学べる内容を整理してみました

    各スクールの特徴を整理したところで、今度は学べる内容を整理してみました。

    デザイナーとして必要な能力をベースに、整理してみました。

    全部の能力を上げるときりがないので、

    1. デザインの基本原則
    2. 設計・リサーチ
    3. ツールの使い方
    4. Webサイト作成
    5. Webアプリ作成
    6. デザインガイドライン
    7. 調査・分析

    の7つで、要素分解しました。

    1. デザインの基本原則
    LIG
    テックキャンプ
    2. 設計・リサーチ
    LIG
    テックキャンプ
    3. ツールの使い方
    LIG
    テックキャンプ
    4. Webサイト作成
    LIG
    テックキャンプ
    △:後述の「Webアプリ」作りに力を入れている
    5. Webアプリ作成
    LIG
    ×
    テックキャンプ
    6. デザインガイドライン
    LIG
    ×
    テックキャンプ
    ×
    7. 調査・分析
    LIG
    ×
    テックキャンプ
    ×

    というような感じで、デザインで学べる違いというより、「Webサイト作りかWebアプリ作りか」で、学べる内容が分岐します。

    Web制作会社さんは納品までが仕事なので、Webアプリ作りはほとんど行いません。

    IT企業さんはサービスを売るのが仕事なので、Webアプリ作りを行うこともあります。

    なので、学ぶ内容を選ぶ基準としては、

    制作会社に行きたい! = LIG

    IT企業や事業会社に行きたい! = テックキャンプ

    で、選んで良いと思います。

    それ以外は、費用の違いや学習期間の違いはありますが、デザイナーとして学べる内容としては、違いはないように思いました。

    もっと噛み砕いて説明すると、

    デザイナーとしての能力だけが欲しい! = LIG

    デザインだけじゃなくて、プログラミングスキルも欲しい = テックキャンプ

    で、選んでいいと思います。

    テックキャンプさんはプログラマーと同じぐらいのレベルの、プログラミングスキルを学べますが、その分費用も高くなっております。


    大事なのは「ポチる」こと

    どんなに能力が高い人でも、「最初は未経験者」です。

    そして能力が高い人も、みんな最初は「自分でデザイナーになろう」と思ったことから、キャリアがスタートします。

    そのキャリアのスタートが、ネットだと「ボタンをポチること」から始まります。

    もしこの記事を読んでいる方で、デザイナーになりたくて、将来を変えたいと思っているなら、まず興味があるスクールのボタンを「ポチる」ことから、始めましょう。

    最初は誰でも未経験です。未経験の壁を打ち破るのは、「まずボタンをポチる」ことから始まると思います!

    しかもなんと今なら、

    説明会もネットで完結

    授業もネットで完結

    と、最初の説明も勉強も全部ネットで完結できちゃいます!

    難しいこともめんどくさいこともないので新しいことを始めてみるなら、今が一番いい時期かと思います!

    • 【主要2スクール比較】デザイナー向けのスクール2社をじっくり比較検討してみました!

    広告