検索結果0件」

    副業に興味がなくても、面接官は人柄を知りたいから、ブログ書くのはすごいいいと思うよ【僕は面接官でもあります】

    副業に興味がなくても、面接官は人柄を知りたいから、ブログ書くのはすごいいいと思うよ【僕は面接官でもあります】

    こんにちは、シンヤです!

    今回は、副業に興味がなくても、面接官は「あなたがどういう人なのか知りたい」から、ブログ書くのはすごいいいと思うよというテーマで、お話しいたします。


    面接官は、あなたは自分たちの会社に合っていると「勘違い」をしたいだけ

    いきなり切り込んだタイトルで話しますが、面接ってのは要約すると、

    自分たちの会社に合っていると、「勘違い」するための儀式

    と言えます。

    はっきり言って、「面接意味ない」です。

    「人に人を見抜く能力」なんて、全くありません。

    僕も面接するときもありますが、その人がどういう人かなんて、全くわかりません。

    詳しくは、DaiGoさんのこちらの動画をご覧ください。

    しかも「メタ分析」なので、かなり信憑性が高いです。


    自社にあっているか「勘違い」したいから、人柄を知りたがる

    のです。

    面接というのは、要は

    • 勘違い大会
    • 嘘つき大会
    • マウント大会

    です。

    個人的に、「生産性ないから面接辞めたら?」と思うのですが、日本では「面接をするルール」になっているので、仕方ないですね😢

    つまり面接官に「あなたは僕らの会社に合っていると勘違いさせれば勝ち」なのです。

    勘違いさせるには、あなたの「人柄」で、いい部分をアピールすればいいのです。


    口頭より文章の方が伝えやすい

    面接官の前だと、大体の人は緊張して話しづらくなってしまうと思います。

    文章なら、相手が目の前にいないので、緊張せずに自分をアピールできます。

    その時に活躍するのが、「ブログ」なのです。


    技術者こそ、「ブログ」を作るべき

    と、僕は思います。

    でも、「技術ブログ」はダメですよ。

    なぜなら、「平均滞在時間」が1秒か2秒ぐらいしかないので、

    技術ブログは全く見られない

    からです。

    それより、

    • 自分の日常
    • 多くの人に役に立ちそうな情報
    • 自分の仕事の仕方
    • 人柄が感じられそうな情報

    を発信すると、いいと思います😀

    それでは、以上にします😌

    • 副業に興味がなくても、面接官は人柄を知りたいから、ブログ書くのはすごいいいと思うよ【僕は面接官でもあります】

    広告