検索結果0件」

    ブログの文字数は気にしなくていいから、とにかく「読者が解決したい課題」にフォーカスしたほうがいいよ【SNS攻略の方が重要】

    2020/05/23
    ブログの文字数は気にしなくていいから、とにかく「読者が解決したい課題」にフォーカスしたほうがいいよ【SNS攻略の方が重要】

    こんにちは、シンヤです!

    今回は、ブログの文字数は気にしなくていいから、とにかく「読者が解決したい課題」にフォーカスしたほうがいいよというテーマで、お話しいたします。


    この記事を書こうと思ったきっかけ

    こちらの、ヒトデさんの動画を見たからです。

    僕もブログを運営していて、「ブログの文字数は気にしなくていいんじゃないかな?」と思います。

    理由を解説いたします。


    「読者の課題解決」にフォーカスした方がいい

    そう思う理由は、以下の通りです。

    • 滞在時間が伸びやすい
    • そのほうが、記事を書きやすい
    • 無駄に文字数が長いと、記事が読みにくくなる
    • 長文のSEO効果はほぼない

    です。

    一つ一つ解説いたします。

    滞在時間が伸びやすい

    ブログを読む理由はなんでしょうか?

    大体の人が、

    情報が欲しいから

    だと思います。

    なぜ、情報が欲しいのでしょうか?

    それは、

    何か問題を抱えていて、課題を解決したいから

    だと思います。

    読者の課題解決にフォーカスすると、読者は課題を解決したいわけなので、当然記事を長く読みます。

    長く読むと、記事の滞在時間が増えます。

    そのほうが、記事を書きやすい

    人は、大抵の場合「目的」がないと、行動することができません。

    ブログ記事も同じで、「記事を書く目的」がないと、まず「何を書いたらいいのか」がわからないものです。

    それを押し殺して、無理やり「長文」を書き連ねた文章は、「ただただ読みにくい」だけです。

    文章は、

    人に何かを伝えるための道具

    です。

    つまり、「伝わらなければ文章じゃない」ということです。

    読者の気持ちを考えず、ただただ無駄に長い文章を、僕は「文章」だとは思いません。

    そういうのは、「駄文」と言います。

    無駄に文字数が長いと、記事が読みにくくなる

    これも、先ほどお伝えしたものと同じですね。

    無駄に長い文章は、「ただただ読みにくいだけ」です。

    そういう「駄文ばかり」の文章は、見る気をなくします。

    滞在時間も、1秒か2秒ぐらいでしょう。

    読者が「読みにくい」と思う気持ちは、滞在時間という「数字」に現れます。

    長文のSEO効果はほぼない

    昔と違って、長文のSEO効果は全くありません

    たまに、「それでもSEO効果がある気がするので、長文書き続けている」という人がいますが、妄言です。

    SEOって「宗教論争」みたいな感じで、答えがないので「これが効果がある!効果がない!」という論争が起きやすいです。

    そういう時頼りになるのが、Google公式のアナウンスですね。
    ここに書いてあること以外は、全て「憶測」です。


    今はSEOより「SNS対策」の方が重要

    今、特に若者世代は、Googleで検索するのではなくて、SNSを使って検索しています。

    例えば、「SNSで人気のキーワード」「ハッシュタグ」などですね。

    このブログも、SEOではなく「SNSでの流入がほとんど」です。

    SEOより「SNS対策」を優先させるべきかと思います。


    具体的にどのようなSNS対策をすればいいか

    それは、

    • ターゲットを決める
    • 投稿時間を意識する
    • 必ず「アナリティクス」を使う

    です。

    ほとんど、Webマーケティングで行なっているものを、SNSに流用するだけです。

    それぞれ、詳しく解説いたします

    ターゲットを決める

    SNSには、プラットフォームごとに微妙に特徴やユーザーが違います。

    例えば、

    • Twitter:20代が多い、写真はあまり使われない
    • Facebook:30代が多い、写真はあまり使われない
    • Instagram:20代が多い、写真の交流が多い
    • TikTok:10代が多い、動画の交流が多い

    などでしょうか。

    もっと細かく分類できますが、今回はざっくりとかんたんに、分類いたしました。

    投稿時間を意識する

    SNSにはプラットフォームごとに、アクティブユーザー(SNSを見ている人)が多い時間帯があります。

    当然、アクティブユーザーが多い時間帯に投稿すれば、見られる可能性が上がります。

    仕事中の方は、予約投稿をしてくれる便利なサービスもあります。

    必ず「アナリティクス」を使う

    例えば、Twitterなら「Twitterアナリティクス」があります。

    Facebookなら「Facebookインサイト」があります。

    SNSには、「投稿を分析できるツール」が必ずあります。

    それらを使って、投稿を分析して、ブログをグロースさせるにはどうすればいいかを、考えていきます。


    終わり

    今回の話を要約すると、

    • ブログの文字数は、あまり気にしなくてもいい
    • SEOよりもSNS攻略

    が、重要ということです。

    ではでは😀

    • ブログの文字数は気にしなくていいから、とにかく「読者が解決したい課題」にフォーカスしたほうがいいよ【SNS攻略の方が重要】

    広告