検索結果0件」

    【実体験】セールスライティングのおすすめ勉強方法【結論:書く】

    【実体験】セールスライティングのおすすめ勉強方法【結論:書く】

    こんにちは、シンヤです!
    今回は【実体験】セールスライティングのおすすめ勉強方法【結論:書く】を解説いたします。


    まず「セールスライティング」とは?

    結論は文字通り「商品を売り込むための文章術」です。
    それぞれの単語を辞書で調べると以下のように出てきます。

    • セールス
      • 販売すること。特に、外交販売。
    • ライティング
      • 書くこと。作文。主に、外国語の教育・学習でいう。

    つまり要約すると「商品を売るための文章術」ということです。
    ライティングの場合は、大体「文章術」と日本では理解されています。


    あらゆるものは「セールスライティング」から成り立っている

    例えば以下のようなものですね。

    • チラシ
    • ポスター
    • パンフレット
    • フリーペーパー
    • バナー広告
    • ランディングページ

    これらは単体には商品力はありません。
    代わりに「商品を売り込むための物体」として存在しているのです。

    誰でも上記で商品を買った経験があると思います。
    それはつまり「文章を見て商品を買った」という事なのです。

    この「文章で商品を買わせる技術」こそが「セールスライティング」なのです。
    セールスライティングを収めた人は、商品を売り込む力を持っているのです。

    我々は無意識のうちに、文章から商品を「買わされている」

    ここまでの話を統合すると、上記です。
    我々はある意味誰もが、文章を見て商品を「買わされている」のです。

    商品の購入は「文章」から始まります。
    それを心得ている人は、全員「セールスライティング」の能力に長けています。


    「セールスライティング」が学べる本はいくつかある

    例えば以下の「ザ・コピーライティング――心の琴線にふれる言葉の法則」もそうですね。

    その他にも以下の様な本があります。

    「メンタリストDaiGo」さんが、実際の例文を交えつつ文章術を解説してくださっております。

    セールスライティングとは、いわば「人を操る術」でもあります。
    それを実例付きで丁寧に解説なさっています。


    まず「コピーライティング」から学ぶ

    人が文章を見る時、最初に目にするのは「キャッチコピー」です。
    このブログでもそうでしょう。

    伝説的なコピーライターに「ジョン・ケープルズ」という人がいます。
    米国の広告業界で、50年も働き続けた伝説的なコピーライターです。

    その方が、ある2つの広告のテストをしました。
    どちらも「通販の広告」でした。

    結果の差は2倍3倍どころか、19.5倍の差を生み出しました。
    それだけ「キャッチコピー」とは、製品の売り上げに大きく貢献するのです。

    先ほどご紹介いたしました、こちらの本です。
    伝説的コピーライターである「ジョン・ケープルズ」さんが、実際のコピーの例文を交えつつテクニックを解説されております。

    効果的なコピーライティングの4つの法則

    結論からいうと、以下の通りです。

    1. 特になる
    2. 新情報
    3. 好奇心
    4. 手っ取り早く簡単

    それぞれ詳しく解説いたします。


    1. 特になる

    見出しは何よりも「特になる」情報を入れることが重要です。
    パッと見てすぐに、相手に「欲しい情報がある!」と思わせるのです。


    2. 新情報

    どんな製品でも、新鮮さや目新しさがないと注目されません。
    逆に言えば、従来品でも「新しい情報」があると、人は注目します。

    「新しい情報」を見出しで大々的に訴えかけると、既製品でも人は本能的に興味を示します。


    3. 好奇心

    これは「特になる」「新情報」と掛け合わせると良いです。
    上記2つと組み合わせると非常に強力な武器となる。

    同時に「勘違いされやすい部分」でもあります。
    どのコピーも「好奇心だけで売り込もうとしているから」です。

    好奇心のみで人が興味を示すことは、滅多にないそうです。
    売り込もうとするあまり、効果の薄いことをしてしまっているのですね。


    4. 手っ取り早く簡単

    欲しいものがすぐ手に入るなら、それに越したことはありません。
    上記3のどれかを満たし、追加で入れられるなら入れた方が良いでしょう。

    しかし「特になる」と「新情報」の2つに比べて、優先順位は低いと思います。

    これ以外にも、様々なコピーライティングにまつわるテクニックが解説されております。
    コピーの例文は、実際に本を購入してからご確認をお願いいたします。


    ただ本を読むだけでは能力は手に入らない

    本を読むだけで能力が手に入ったら、苦労はしません。
    必ず学習内容を「実践」する必要があります。

    余談ですが、本を読むだけで行動しない人を「頭でっかち」と言います。
    学習内容を実践するというのは、結構難しいのです。

    私が敬愛する「福沢諭吉」は、実は優れた「教育者」であり「作家」でもあります。
    その中の著書「学問のすすめ」には以下の様に書かれています。

    知識と行動が一致して初めて生きた学問といえる

    人の見識・品行は、難解な論理を語ったところで高尚になるわけではない。
    万巻の本を読み、多くの人と付き合い、それでいて自分の意見を持たない人も世間にはいる。
    理論と行動の矛盾は、一人の人間の中に二人の人物がいる様なものだ。
    とても見識ある人物とは思えない。
    「医者の不養生」とか「論語読みの論語知らず」といった諺が生まれるのも、そうした理由からだろう。
    人間の見識・品行は、高邁な理論を語ったり、見聞を広くするだけで高尚になるわけではないのである。

    一部抜粋はしましたが、翻訳通りの文章を載せました。
    なかなかとげのある言い方をしますね😅

    そもそもあまり知られていませんが、福沢諭吉は「毒舌家」でもあります。
    だからこそ、本音通りを語った名著を多く出版しているのです。

    さて、上記に当てはめるとどうでしょうか?
    いくら本を読んだだけでは「セールスライティング」の能力は身につかないのが分かりますね。


    結局「書き続けること」が一番セールスライティングの力を磨ける

    身もふたもない言い方かもしれません。
    しかし、ライティングを身につけるなら「書くことを続ける」しかありません。

    本で学びつつ文章を書き続けて実践し続けるのです。
    そうすれば自ずと、勝手に文章力は上がっていきます。

    実際私も、ブログを始める1年前までは文章術は「本を読んだだけ」で実践はしてませんでした。
    しかし実践し続けるうちに文章術が上がってきました。

    今では手に入れた文章術を駆使して、

    • 「デザインガイドライン」の作成
    • 「規約」の制定
    • 「ビジネスコンセプト」の言語化

    など、デザイナーの枠から外れた仕事も経験するに至りました。
    本当に文章を書き続けて良かったと思っています。


    ブログでも「セールスライティング」の力は磨ける

    ブログには「アフィリエイトリンク」を貼れる機能があります。
    冒頭の本でも紹介したものですね。

    これも「アフィリエイトリンク」になっています。
    このリンクから本を買うと、私に報酬が発生するという仕組みですね😊

    ただ商材にもよりますが、本の報酬は本当に「微々たるもの」です。
    せいぜい、一冊数百円程度ではないでしょうか?

    あまりに報酬額が少ないので、まともに数えたことすらありません😅
    なので、上記の数字は適当です。

    ただ、報酬が少ないとはいえ「ものを売った」というのは事実です。
    ならばアフィリエイトリンクから商材を売れば、セールスライティングの練習になるのではないでしょうか?

    大抵の人は挫折すると思う

    しかし、何事も「続けることが一番大変」です。
    故にブログ運営も、ほぼ全ての人が挫折するのではないでしょうか?

    肌感覚ですが、99%以上の人は挫折すると思います。
    おそらくブログは作ったけど、記事は何も書かずそのまま放置して終わりでしょう。


    まずは「自分の日常」から書き始めることをおすすめする

    挫折しないために大切なのは、とにかく「続けること」です。
    ブログを続けるためには、書きやすい内容を書くのが一番良いです。

    いきなり「セールスライティングの力が欲しいから」と、アフィリエイトリンクを絡めた記事を書くのはオススメしません。

    おそらく高確率で挫折すると思います。
    たまたま私の場合、負けん気が強かったので挫折せずにすみましたが😅

    「自分の日常」と言っても、人によってまちまちですね。
    私であれば、以下の様なものを書きます。

    • 料理日記
    • 散歩日記
    • 友人の紹介
    • 「パソコン」の解説
    • 「好きなアプリ」の解説
    • 「革製品」に関する解説

    要は「自分が好きなもの」であればなんでもいいです。
    それを題材にすれば、スラスラと文章がかけると思います。

    ちなみに様々な内容を書いたブログを「雑記ブログ」といいます。
    好きなものを投稿するスタイルは、実は昔から確立された手法の一つなのです。

    徐々に「特化ブログ」に移行していく

    とはいえ、世の常として「雑記ブログ」は飽きられやすく読まれにくいです。
    読まれるのはおそらく「芸能人の雑記ブログ」などでしょう。

    おそらく大抵の人は芸能人ではないと思います。
    であれば自然と、いつかは「何かに特化」せざるを得なくなります。

    私の場合は「ITに特化したブログ」という感じですね。
    元々、最初からITに特化しようと決めていました。

    普段働いているのが「IT業界」ですからね。
    記事も書きやすいし、仕事の獲得にも繋がると思いました。


    お金を払って学習してしまうのも一つの手

    今だから私は「セールスライティング」の力が重要だと認識しています。
    ですがそれは、自信がブログ執筆をずっと欠かさず続けてきたからです。

    • ブログを書き続ける自信がない
    • 自分が文章の力だけ欲しい

    などなど、様々あると思います。
    そのような方は、お金を払って学習するのも一つの手だと私は思います。

    ライティングに特化した教材はあまり多くない印象があります。
    現時点では「Writing Hacks」ぐらいでしょうか。

    Writing Hacks↗︎

    繰り返しになりますが、教材を買ったからと言って「文章術」は上達しません。
    必ず何かしらの「書く作業」を積み重ねて初めて、文章術は上達します


    行動し始めないと何も始まらない

    繰り返しになるかもしれませんが、何事も「行動しないと」何も始まりません。
    セールスライティングの力を身につけるなら、まず「書くこと」から始めましょう。

    文章の書き方参考にする本当かは、今までの記事で紹介したので大丈夫だと思います。
    ちなみにLINEと連動できるLINE Blogとかから始めると良いかもしれません。

    大丈夫です、最初は誰でも初心者です。
    あなたなら必ずブログ運営を継続し続けられるはずです😊


    まとめ

    • セールスライティングとは「ものを売るための文章術」
    • あらゆる商売は「セールスライティング」から成り立っている
    • なぜなら人は、無意識のうちに「文章」を読んで商品を買うから
    • 逆説的に言うと、文章が書けないと「金稼ぎ」はできない
    • 「セールスライティング」が学べる本はいくつかある
    • まずは「コピーライティング」から学ぶ
    • しかし、ただ本を読んでいるだけではダメ
    • 必ず「文章を書く訓練」をしないといけない
    • 最初は「自分の日常」を書き連ねることをおすすめする
    • 慣れたら徐々に「何かに特化したブログ」に移行する
    • 現代は専門性が高くないと「SEO」で上位を取れないからだ
    • 結局「書き続ける」事が、一番セールスライティングの力を磨ける
    • まずはブログを作って、文章を書き続ける事から始めよう

    今回は以上になります。

    • 【実体験】セールスライティングのおすすめ勉強方法【結論:書く】

    最後までお読み頂きまして、誠にありがとうございます😊

    公式ラインもありますので、よろしかったら下記のボタンから、LINE友だち追加をして頂けますと幸いです。

    登録してくれた方には、無料プレゼントもご用意しております!⭐️